1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

自然を取り入れた法人向けウェルビーイング・サービス「GAIA UNITED WELL-BEING」がスタート

PR TIMES / 2023年11月30日 15時15分

従業員が自然のリズムを通して本来の自分を取り戻し、最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整える

地球と人との共生を目指すガイア・ユナイテッド株式会社は、「本来の自分を取り戻す」をテーマに、自然要素をふんだんに取り入れた法人向けウェルビーイング・サービス「GAIA UNITED WELL-BEING (ガイア・ユナイテッド・ウェルビーイング)」の提供を開始しました。自然の中に籠るリトリート、マインドフルネス、森林浴、組織の心理学などの豊富なメニューのほか、組織づくりと制度設計を含めた、組織におけるウェルビーイング向上に必要な環境を体系的に整えることができるサービスです。

⇒ サービスサイト: https://www.gaia-united.jp/well-being



[画像1: https://prtimes.jp/i/133239/1/resize/d133239-1-196e99c91c11bfae830b-3.png ]


■ 自然のリズムで仕事をする
そよ風、川のせせらぎ、鳥のさえずりなど、自然界には規則性とランダム性が適度に合わさって織りなすリズム「1/fゆらぎ」が存在します。人の生体リズムも「1/fゆらぎ」になっていることが判ってきており、そのリズムに共振共鳴することで心地良さを感じることができるとされています。

ガイア・ユナイテッドでは、自然のリズムをウェルビーイングの基盤として、仕事や暮らしを含む生活のあらゆる側面に応用することで、ストレス軽減などの心身の健康はもちろんのこと、クリエイティビティーの醸成、フロー体験やゾーンなどの集中状態、困難な状態に対応するレジリエンスなど、最高のパフォーマンスを発揮するための環境づくりやスキル獲得を支援します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/133239/1/resize/d133239-1-08c9d2ac208e4963957a-1.jpg ]



■ 少子高齢化時代、今いる人材を育てることが大切
少子高齢化は、同時に労働人口の減少でもあります。慢性的な人手不足もあって採用コストが高騰する中、従業員を組織に定着させるリテンションを促進させつつ、離職率を抑えていくことは、どの企業・事業者にとっても乗り越えなければならない課題です。

企業・事業者はウェルビーイングに投資することで、従業員の意欲とアウトプットを高めつつ、長期的な組織力の強化をはかることができます。

「GAIA UNITED WELL-BEING」は、マインドフルネスなどのアクティビティーのみならず、経営層へのコンサルティングや制度設計、オフィス空間のデザインなど、ウェルビーイングを一過性の取り組みで終わらせない、持続していく体制と環境づくりをサポートします。


■ 自然要素を取り入れた豊富なプログラム
[画像3: https://prtimes.jp/i/133239/1/resize/d133239-1-f056a6c6be5e723e8055-3.png ]

呼吸法/マインドフルネス: 生命活動にかならず必要な呼吸をまずは整え、内省や瞑想をとおして、バイアスや雑念から解き離れつつ、気づきを得ながら、あるがままの状態を取り戻します。

リトリート: 自然豊かな場所にお籠りすることで、五感で自然のリズムを感じながら、自ずと本来の自分を取り戻すことができます。焚き火を囲むなどすることでチームビルディングも醸成。また、都会に居ながらにして自然に没入する「市中の山居」も実践します。

組織の心理学: 職場においては様々な心理状態に置かれる可能性があります。また、組織活動において人間関係の問題は避けてとおれません。ストレスや不安との向き合い方、同僚やお客様とのコミュニケーション方法、モチベーションの向上など、心理学をはじめとする認知科学のプロがナビゲートします。

森林浴: 1/fゆらぎの宝庫でもある森は、フィトンチッドという森の香りを発し、ストレス軽減や睡眠の改善、免疫力の向上などの効用があるとされています。リトリートのアクティビティーの一つでもありますが、都市部にある森での簡易的な森林浴も紹介しています。

アロマ: 鼻と脳は直結しており、アロマと脳の関係も様々な研究で明らかになりつつあります。マインドフルネスと組み合わせたワークショップのほか、オフィス空間に最適なアロマブレンドを資格保有者が調合します。

オフィス空間のデザイン: 「オフィスになぜ出社するのか」という問いからスタートし、チームワークが生まれて、仕事に集中・没入できる空間を専門スタッフがデザイン。オフィスを「労働の場」から「創造と学びの場」へと変えます。

食養生: 水やアミノ酸、酵素、腸内フローラなど、分子レベルで解明されつつある身体のメカニズムの理解を促し、忙しいビジネスパーソンでも実践できるエッセンシャルな基礎知識を習得できます。





■ 森のような組織: 組織づくりと制度設計
ヒノキ、鹿、フクロウ、ミミズ、キノコ。森では様々な住民が共生しています。「森のような組織」は、従業員の自律性を尊重した組織で、ティール型組織やホラクラシーのような自律性を保ちつつ、人だけではなく自然との共生も意識し、さながら森に住まう様々な住民のように、それぞれの役割を持って相互作用しながら、ヒエラルキーではなく一つのエコシステムとして活動している状態を表します。

心身の健康を含めた広義のウェルビーイングは、人生の基盤といっても過言ではありません。企業を含む法人は、そういった個々の人生を歩む従業員の集合体であり、従業員のウェルビーイングを高めることは、組織力の向上にも繋がります。一方でマインドフルネスなどの単独のプログラムやワークショップのみでは一過性のイベントにとどまってしまうため、組織においてウェルビーイングを根づかせるには、長期的な視座に基づいた組織づくりと制度設計が重要になってきます。

在宅ワーク、二拠点生活/多拠点生活、ワーケーション、コワーキングスペースといった就業場所の多様化のほか、育児や介護などライフステージごとに異なる要件など、個々の従業員のニーズやプレファレンス(選好)も多様です。従業員のウェルビーイングを永続的に高めるには、自律的な職務遂行をはじめ、就業場所や時間の柔軟性、会社からのサポート体制などの組織的な基盤を構築する必要があります。

「GAIA UNITED WELL-BEING」では、経営層および管理職への支援のほか、チームビルディング、企業文化の醸成、オフィス空間づくり、就業規則の改訂などを体系的かつ網羅的に支援します。


■ メンバー紹介
酒井 大介: CEO兼CNO (Chief Nature Officer)
中学時代から呼吸法を学び、現在ではチベット由来の本格的な呼吸法も実践。人類学、分子生物学、認知科学、物理学など、様々な分野を越境して、ホリスティックなウェルビーイングを探求。テクノロジーにも明るく、ビジネスや公共サービスにおけるUXデザインも手がけます。


加藤 史子: VPoW (Vice President of Well-Being)
心理学、NLP、TA (交流分析) の専門家として、全国の企業や学校で講演やワークショップを開催。元アスリートとしてスポーツ分野の造詣も深く、五輪メダリストのメンタルトレーナーを務めました。児童教育、福祉、介護などの分野にも積極的に参画。28冊の書籍を上梓し、ラジオ番組にも出演しています。


河野 真紀子: CAO (Chief Ambience/Aroma Officer)
オフィス空間や仕事環境のエキスパート。自然観点も含めた空間デザインについての深い知見を持つとともに、アロマ資格保有者として「香り」や嗅覚の側面からもアプローチしています。





■ ガイア・ユナイテッドについて
2022年8月、「人と自然が調和する社会をデザインする」ことをミッションとして設立。地球にちなんだ様々な事業を展開し、快適さをUXと捉えて「社会デザイン」や「ウェルビーイング」に関わるサービスを提供。--- グローバルからプラネタリーへ --- 惑星基点の視座をとおして人間社会の発展だけではなく生態系との共存と調和を目指しています。

会社ウェブサイト: https://www.gaia-united.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください