~外国人に聞いた!日本人女性観光客はココが変~ 「高額紙幣の持ち歩き」「少額決済に高額紙幣を使う」姿が“変“ -外国人の日本人女性観光客に対する意識調査-

PR TIMES / 2012年2月29日 14時34分



株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)では、海外5地域「ハワイ、パリ、ローマ、ソウル、香港」の在住者20~69歳の男女、各国200名(計1,000名)を対象に、「外国人の日本人女性観光客に対する意識調査」を実施いたしました。分析は、日本人女性を他アジア人女性と「(大抵)区別できる」と回答した人(620サンプル)で行いました。

■調査背景・目的
毎年1,000万人以上が海外へ渡航する。現在、日本人にとって海外旅行は身近なものになっている。以前は、「海外旅行に不慣れ」、「ブランド品の買い漁り」などのイメージを持たれていた日本人であったが、現在はどの様に現地の人々に思われているのだろうか。
本調査では、日本人女性観光客の「防犯意識」、「格好・服装」、「買い物行動」がどの様に思われているか、理由なども含めて明らかにしました。

■調査結果トピックス
1.日本人女性観光客のイメージは、【ハワイ、パリ、ローマ、ソウル、香港】で総じて「良い」印象を持たれている。<図1>
2.日本人女性観光客は、共通して「現地語を話さない」、「写真を沢山撮る」、「団体行動をとる」などに加え、【ハワイ】、【パリ】では「現金払い」、【ソウル】、【香港】では「化粧が濃い」などのイメージも強い。<図2>
3.日本人女性観光客の防犯意識は特に欧米人から低いと思われている。その印象を裏付けるものとして、「現地犯罪知識の低さ」、「貴重品の管理・持ち歩き」、「現金での支払い」などが挙げられる。<図3><図4>
4.日本人女性観光客を「変」だと思う行動として、【ハワイ】では「高額紙幣の持ち歩き」、【パリ】では「不必要に笑顔」、【ソウル】では「騒がしい」などが上位。<図5>
5.日本人女性観光客を「変」だと思う買い物行動として、共通して「ブランド品を買い漁る」が上位。【ハワイ】【パリ】では「少額決済で高額紙幣を出す」、【ローマ】では「店員とコミュニケーションをとらない」、【ソウル】では「レジでの支払いに手間取る」、【香港】では「商品を買わないのに店内をうろうろする」姿が「変」だと思われている。<図6>
6.日本人女性観光客が身につけたほうがよい「行動・マナー」は、各国ほぼ共通して、「現地人とのコミュニケーション」や「嫌な事は嫌と言う、はっきり断る」事である。<図7>
◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒
http://www.cross-m.co.jp/report/report.html$/id/26106/

■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ (アンケートモニター使用)
調査対象  : ハワイ、パリ、ローマ、ソウル、香港 在住の20~69歳の男女   
調査期間  : 2012年1月5日(木)~2012年1月20日(金)
有効回答数 : 1,000サンプル (分析は620サンプルで実施)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング