ボシュロムから「ルテイン」を配合した新サプリメントが登場! 「ルテイン ブルーベリー&アスタキサンチン」3月12日発売

PR TIMES / 2012年3月12日 17時51分



グローバルヘルスケアカンパニーのボシュロム・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:足利 英幸)は、
2012年3月12日(月)に、新商品のサプリメント「ボシュロム ルテイン ブルーベリー&アスタキサンチン」を発売いたします。


■「ルテイン ブルーベリー&アスタキサンチン」 3月12日に新登場!
3月12日に新発売となる「ルテイン ブルーベリー&アスタキサンチン」には、「ルテイン」、「ブルーベリー」、「アスタキサンチン」、「ビタミンA」などがバランスよく配合されています。また、摂取の続けやすさにもこだわり、小粒※サイズとし、リーズナブルな価格を実現しています。
※当社従来品との比較

ルテインの役割
ルテインは、眼や肌、そして乳房や子宮頚部にもともと存在するカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持つ成分です。
とくに、眼の水晶体や黄斑部に存在し、ルテインが不足すると加齢黄斑変性※1や白内障※2などの発症リスクが高くなるという報告があります。
紫外線を浴びたり、煙草を吸うと、眼の老化の大敵である活性酸素が発生し、体内のルテイン量が消費されてしまいます。
ルテインは体内にありながら、生成できない成分のため、食事を通して継続的に摂取する事が重要とされ、
主に、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれている成分です。ルテインは、高い安全性と確かな品質の「フローラグロー ルテイン」を使用しております。

※1
加齢黄斑変性とは、視界の中心部をつかさどる網膜中心部の黄斑が正しく機能しなくなり、物がゆがんで見えたり中心部の視界が失われたりする症状です。
※2
白内障とは、眼の水晶体内のたんぱく質が、紫外線などによる光酸化のダメージを受け、徐々に白濁し、物がかすんだりぼやけて見えたりする症状です。

商品概要
・商品名:「ボシュロム ルテイン ブルーベリー&アスタキサンチン」
・主成分含有量(3粒あたり):ルテイン 15mg、ブルーベリー(ビルベリーエキス) 60mg、
 アスタキサンチン 1mg、ビタミンA 300μg
・内容量:60粒(20日分)
・価格:オープン価格
・ウェブサイト: http://www.bausch.co.jp/bb

拡大するルテイン市場と20代女性の購買層
ルテインを含むサプリメントの市場規模は前年比108%※と、サプリメント市場の中でも大きな伸びを見せています。
ルテインを含むブルーベリーサプリメントの「年間購入頻度」を年代別にみると、最も多いのは、20代女性の1,501円~2,000円の価格帯で、年間13個にも及んでいます(グラフ1)。
また、購入者の年代別の個数シェアについても、「50代以上」(65.4%)に続いて「20代」(14.1%)が多い結果となっています(グラフ2)。
老化が進む50代以上だけではなく、若い20代の中にもルテインを含むブルーベリーサプリメントを購入している人は多いようです。
【データ出所:当社調べ(グラフ1、グラフ2ともに)】

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング