資生堂「HAKU」春のプロモーション新‘白(HAKU)のシンデレラ’に霧島れいかさんを起用 新TVCMを2月21日(火)よりオンエア

PR TIMES / 2012年2月17日 10時21分



資生堂は、美白ブランド「HAKU」春のプロモーションに、新モデルとして霧島 れいか(きりしま れいか)さんを起用した新TVCMを2月21日(火)より放映します。

 「HAKU」は、2005年に「シミができる肌は特有の肌状態にある」という新知見に基づき、薬用美白美容液として誕生しました。シミ予防科学の研究とともに進化を重ね、2011年2月21日に4代目となる「HAKU メラノフォーカス W」を発売し、現在、6年連続美白美容液売上げ第1位※1を堅持しています。
2012年春、新モデルとして女優の霧島れいかさんを起用し、凛とした美しい肌とたたずまいでHAKUによって得られる「自信」や「前向きな姿勢」を表現し、女性たちの共感を高めます。
そしてCMの楽曲「face up」を歌うのは、世界の歌姫スーザン・ボイルさん。オリジナルのCM曲歌唱は世界でも初めてです。力強く澄んだ歌声でCMの映像世界に広がりを与えます。
なお、今注目される二人のシンデレラストーリー「スペシャルインタビュー」を2月17日(金)より、HAKUのブランドサイト(http://www.shiseido.co.jp/haku)にて公開します。
※1 出典)インテージSRI美白美容液市場 2005年12月~2011年11月HAKU美容液 販売金額


資生堂「HAKU」TVCM情報

◆2月21日~放映 霧島れいかさんTVCM

資生堂 「HAKU メラノフォーカスW」(医薬部外品)
45g 10,500円(税込) 
45g(レフィル)10,185円(税込)
20g 5,250円(税込)

シミができる肌特有のメラニン生成・排出に着目した薬用美白美容液
「抗メラノ機能体」(美白有効成分4MSK※2・m-トラネキサム酸※3)配合

※2 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
※3 m-トラネキサム酸のmはメラニンの生成を抑える効果を表しています。
*  美白化粧品は、メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぎます。


真っ白な、整然とした空間にたたずむひとりの女性。
彼女は憂いに満ちた表情で顔を伏せています。
「見せたくない、シミ・・・」心の声とともに宙を舞う黒い布は、
シミを隠したいという彼女の気持ちの象徴です。

しかし彼女は、「face up(顔を上げて)」の歌声を合図に
跳ねるようにベッドから立ち上がり、両手で髪をかき上げて
颯爽と顔をあらわにします。
現れたのは、シミひとつない、透きとおるような美しい白い肌。
そこには、もはや、顔を伏せていた頃の面影はありません。
HAKUによって美しい肌とゆるぎない自信を手に入れた彼女は、
堂々と前を向き、光の射す方へ歩き出します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング