2012年住宅ローン顧客満足度調査:総合ランキング第1位は「新生銀行」、保証料・手数料で優位に。住宅ローンの借り換え経験者1,000人に金融機関の満足度調査を実施。 2012年最新ランキングを発表。

PR TIMES / 2012年3月22日 15時40分



SBIホールディングス株式会社イー・ローン事業部が運営するローン比較・検索サイト 「イー・ローン」は、
株式会社メディアインタラクティブが運用するアンケートサイト「アイリサーチ」と共同で
全国20代~60代の男女1,000人を対象に『住宅ローンの顧客満足度調査及び利用実態調査』を
2011年2月24日から28日にかけてインターネットにて実施しました。

■調査結果サマリー

1.住宅ローンの借り換え経験者1,000人が選ぶ金融機関ランキング
 顧客満足度の総合ランキングを発表
第1位 新生銀行、第2位 ソニー銀行、第3位 イオン銀行

2.住宅ローンを借り換えたきっかけについて
 金利の変動がきっかけの上位に。現在の金利の低さ・将来の金利上昇に備え

3.住宅ローン借り換え時の「金利」についての満足度ランキング
 第1位 住信SBIネット銀行

4.住宅ローンの借り換え前後での借入条件・返済条件の変化について
 金利が安くなった」58%、「総支払額が安くなった」51.1%

5.今後、住宅ローンの借入時に金融機関へ求めるサービスは?
 最も要望が高かったサービスは「返済シミュレーション」となった。

====================================

1. 住宅ローンの借り換え経験者1,000人が選ぶ金融機関ランキング

住宅ローン利用経験者5,411人のうち借り換え経験者2,540人を対象として、
利用数の多かった金融機関上位10社に絞り、
各金融機関100人合計1,000人に10項目に渡り満足度調査を実施した結果、
最も満足度の高かった金融機関は「新生銀行」となった。

顧客満足度調査は、住宅ローンの借り換えに際して、
住宅ローンの商品性や利便性、金融機関の借り入れ時から借り入れ後の対応まで10項目を評価、
各項目を3つのグループに分類して加重平均の合計を基にランキング化した結果である。
新生銀行が保証料、手数料の項目で高評価となり総合ランキングの第1位に。
また各項目で平均的に高評価を獲得したソニー銀行、イオン銀行が続き、ネットバンクが優勢となった。


2. 住宅ローンを借り換えたきっかけについて

住宅ローンを借り換えたきっかけを聞いたところ、
第1位は「借り始めた当初より、金利が低い水準になっているから」となり、
続いて「住宅ローン金利が上がりそうだから」「返済期間を短く変更したいから」
という結果になった。

過去の金利水準に比べ現在の金利水準での借り換え実行が、
低金利のメリットを享受して毎月の返済額や総返済額を軽減したい思惑が反映されている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング