「東日本大震災から10ヶ月 放射線対策に関する意識調査」 約7割の人が日々の食生活から手軽に行える放射線対策に期待!

PR TIMES / 2012年1月26日 16時27分



 この度「機能性物質による被ばく低減化研究会」は、東日本大震災から10ヶ月を迎えるにあたり、全国の20代~50代男女1200名を対象に「放射線対策に関する意識調査」を実施しました。

【調査結果概要】
1.震災から10ヶ月が経ち、震災直後は放射線対策をしていたのに対策をしなくなった人が増えている。対策をやめた理由は「対策方法を知らない」が多数!対策法があれば取り組みたい人は76%!
 震災から10ヶ月が経った今、放射線対策をしている人が5人に1人。一方で「対策をしなくなった人」も増えている。現在対策をしている人は、正しい対策なのか半信半疑で、対策をしていない人は、「対策方法を知らない」が多数。放射線対策の正しい情報の提供が求められているようである。

2.お金をかけても放射線対策したい人は約70%!その中で月5000円以上かけている人は35%
 放射線対策として月に5万円以上かけられる人も!その中でも特に乳児・幼児を抱えている人がかけている費用が高い結果に。小さい子供への影響を気にしていることがうかがえる。

3.放射線に関する基本的な情報を知っている人はわずか約30%
 「放射線を浴びることによって発生する活性酸素が人体に悪影響を与えること」を知っている人は26%。 「活性酸素を除去するという物質について」知っている人はわずか10%!放射線に関する基本的な情報を知っている人が少ないことが明らかに。

4.日々の食生活から手軽に放射線対策を行いたいと希望する人は約70%
 「食品・飲料」からの放射線による被ばくが気になっている人は60%。その中でも「とても気になっている」と答えた人は乳児・幼児を抱えている人が多く、子供への影響を心配していることがうかがえる。

【調査結果詳細】
■震災から10ヶ月が経ち、「対策をしなくなった人」が増えてきました。今、対策を行っている人は、正しい対策を行えているかは半信半疑の状況。
 震災直後と10ヶ月経った現在、放射線対策の意識調査をしたところ、震災直後は対策をしていた人が約26%いたが、「今も(熱心に/まあまあ)対策をしている」人は15%で、対策していた人のうち約60%に留まる。残り約40%は「今は(あまり/全く)対策をしなくなった」と、行動が変わってしまった。
今対策をしている人の中で正しい対策が出来ていると思う人は5割未満で、対策には1ヶ月1000円~5000円かけている人が最も多い結果になった。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング