新感覚バトルオンラインRPG「ドラゴンハーツ2」本日9月18日(火)よりGREEにてサービス開始。

PR TIMES / 2012年9月18日 15時47分



 オンキヨーエンターテイメントテクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山下 慎介、以下、当社)と株式会社スマイルマイスター(本社:東京都中野区、代表取締役:神崎 崇、以下、スマイルマイスター)は共同で、グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和、以下、グリー)が運営する、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」内にて、本日9月18日(火)より、ソーシャルゲーム「ドラゴンハーツ2」(以下、ドラゴンハーツ2)のサービスを開始したことを発表いたします。

いまなお注目されるジャンルであるMMORPG。その面白さはそのままに、フィーチャーフォン、スマートフォンの画面サイズや操作に最適なかたちでカスタマイズした「ドラゴンハーツ」シリーズの最新作がついに登場。

 職業や装備、バトルシステムなどがさらに充実し、前作よりもやり込み要素が満載となっております。
20種類にも及ぶ多彩な職業や1000種類を超える装備アイテムが用意されており、ジョブチェンジ(転職)を繰り返すことで自分好みのキャラクターを育成することができます。

 ゲーム最大の特徴である「スキルバトルシステム」は、さらにパワーアップし、属性が登場。職業に紐付いた属性や剣技や魔法を駆使し、必殺スキル「ドラゴンスキル」へと繋げる、手に汗を握る白熱のバトルシステムとなっています。

 また、ゲームの核となるバトルも大進化を遂げました。

 ギルド戦には、サッカーのプロリーグなどで採用される獲得ポイントによる「ランク入れ替えシステム」を採用。一週間毎に獲得ギルドポイントを集計し、ギルドランクを入れ替えることで、これまで以上に白熱したギルド戦が展開されます。
 新規追加コンテンツである「パーティーバトル」では4対4で行う少数精鋭のバトルが楽しめます。バトルでは両陣営に屈強なガーディアンも登場し、ガーディアンを撃破することでボーナスポイントが貰えるなど、敵パーティーとのポイントを争うスピードバトルが体験できます。 その他、「ドラゴンハーツ2」では1vs1の「PvPバトル」、国対国の大規模人数で戦う「要塞戦」など、ゲームシステムが異なる4種類のバトルを楽しむことができます。

 開発には、前作同様PCオンラインゲームを代表するゲームタイトルのプロデュースを担当したスタッフや、日本を代表するコンシューマRPGシリーズのゲームディレクションを担当したスタッフなど実力派のスタッフが関わっており、より熱くなれるソーシャルバトルゲームを作るために総力を結集し、企画および開発を行いました。
大型アップデートやイベント、キャンペーンなど、ユーザーの皆様を飽きさせない展開を行っていく予定です。
今後の展開にもご期待いただけますよう、宜しくお願いいたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング