転職サイト初! 大阪市立小・中学校長50人公募に年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」が全面協力~「公的機関幹部公募プログラム」開始~

PR TIMES / 2012年8月30日 16時9分



日本最大級注1)の年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」を運営する株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:南 壮一郎)は、2012年8月30日に、「公的機関幹部公募プログラム」を開始いたします。本プログラムは、優秀なビジネスパーソンを 登用したい公的機関を対象に、年収1000万円以上クラス注2)の求職者13.5万人を有する転職サイト「ビズリーチ」のプラットフォームを活用し、公的機関の幹部公募を支援するプログラムです。


現在、経営のプロをはじめとした優秀なビジネスパーソンを民間 から登用したいと考える小中学校や地方公共団体などの公的機関が増加しています。このニーズの高まりを受け、本プログラムを開始することにいたしました。


その第一弾として、大阪市教育委員会が、2012年8月30日より大阪市立小・中学校長公募に本サービスを活用します。転職サイトが公立学校長公募を支援するのは、転職サイト注3)で初めてです。


大阪市立小・中学校長50人公募概要はこちらです。
URL: https://www.bizreach.jp/executive/osaka_ht


大阪市教育委員会は、同年9月10日まで、大阪市立小・中学校長50人を公募します。自治体教委が50人規模の校長公募をするのは全国初です。大阪市教育委員会は、本サービスを通して、管理職・専門職に就くエグゼクティブ層のビズリーチ会員13.5万人に募集を告知し、効率よく応募を受け付けることができます。本サービスでは、ビズリーチのサイト上に大阪市立小・中学校長公募概要をまとめた特設ページを設け、会員の興味を引き、応募者数を最大化させます。ビズリーチ経由の応募は応募受付まではビズリーチのプラットフォームを活用し、大阪市指定の応募書類 送付や面接などの実際の選考は大阪市教育委員会が行います。


ビズリーチは、これまで民間企業に提供してきたノウハウを公的機関幹部の公募にも活かします。ビズリーチは、昨年8月から「社長・経営幹部登用サービス」を経営者や経営幹部人材を外部から登用したい企業に提供し、株式会社 毛髪クリニック リーブ 21が次期社長を公募(2011年8月)、株式会社株式会社ユー・エス・ジェイが日本初女性経営幹部を公募(2012年6月)するなど、様々な企業の経営幹部公募を支援してきました。


本年8月にビズリーチ会員1959人にアンケートを実施したところ、「日本社会を変革するために、公的機関の幹部職の公募があった場合、そのポジションに対して興味はありますか?」に対し、9割が「はい」と回答し、「公立学校長の公募があった場合、そのポジションに対して興味はありますか?」に対し、6割が「はい」を回答し、ビジネスパーソンの関心が非常に高いことがわかっています。注4) 

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング