くまのプーさん と中国古典をいっしょに読んでみよう! 『くまのプーさん 心がふっとラクになる言葉』がPHP文庫から発刊

PR TIMES / 2012年5月2日 16時40分



株式会社PHP研究所(本社:京都市南区 http://www.php.co.jp/ )は、『<英訳つき>くまのプーさん 心がふっとラクになる言葉』を5月2日に発刊しました。

仕事や人生における普遍の知恵を現代に伝える中国古典。
しかし、「読んでみたいけど、なんだか難しそう」と敬遠しがちな方も多いのではないでしょうか。
本書は、そんな読者のために、くまのプーさんが、中国古典の言葉の数々を、やさしい表現でいっしょに読んでくれる、ユニークな一冊です。

すでにPHP研究所では2011年9月に、このシリーズの第1弾『<英訳つき>くまのプーさん 小さなしあわせに気づく言葉』を発刊。
約400年前に中国明代の洪自誠が著した『菜根譚』の言葉を紹介したところ、若い女性読者を中心に評判となり、15万部を突破(2012年4月末日現在)しています。

そこで第2弾となる本書では、道教の無為自然の教えを説く『老子』『荘子』の言葉を、前作同様、くまのプーさんと仲間たちが紹介しています。
頑張りすぎて疲れてしまったとき、うまくいかないことがあったとき、元気なこころをとりもどすヒントとなる言葉を、かわいらしいイラストをそえて紹介しました。

心がくもってしまったとき、ふっと癒されるひとことに、きっと出会える一冊です。


----------------------------------------------------------------------

<本書でご紹介している『老子』『荘子』の言葉> 

★のんびりするの、忘れてない?
策をめぐらす人は頭を使う問題を求めているし、
じょうずな話し手は弁論のチャンスを待っている。
なにもしないで、じっとなんかしていられない。
自分の自然の姿を、忘れちゃっているんだね。

★できないことがあって当たり前
できることはできるけれど、
できないことはできないよね。
それは人として、しょうがないこと。
ムリして完璧を目指さなくていい。

★こころがよろこぶことがいちばん
野生の鳥は、探し回ってごはんを見つけ
もっと探してやっと水が飲めるとしても、
かごのなかで飼われたいとは考えない。
自由がないと、こころがうれしくないからね。

など、『老子』『荘子』の中から厳選した100の言葉を掲載。
やさしい英訳つき!!


----------------------------------------------------------------------

■書名:『くまのプーさん 心がふっとラクになる言葉』
■著者:PHP研究所編著
■定価:533円(税別)
■体裁:文庫版
■ISBN:978-4-569-67822-1
■発売日:2012年5月2日

※以下URLに編集者からの「ひと言」を掲載しております。
 http://shuchi.php.co.jp/article/978

<本件に対するお問合せ>

株式会社PHP研究所 広報宣伝部
TEL.03-3239-6229  FAX.03-3239-6248
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-67822-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング