「ART IN THE OFFICE 2012」開催と選出アーティストについて

PR TIMES / 2012年7月10日 15時47分



 マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2008 年より当グループが社会文化活動の一環として実施している「ART IN THE OFFICE」プログラムを、本年度も「ART IN THE OFFICE 2012」として開催することといたしました。このたび、106 点の応募作品案の中から、下記のとおり、マネックス証券のプレスルーム(会議室)壁面の展示作品を制作するアーティストとして福士朋子氏を選出いたしましたので、お知らせいたします。
 本年 7 月にマネックス証券本社オフィスが移転することに伴い、これまで「ART IN THE OFFICE」の作品を展示してきたプレスルームの壁面が、曲面から平面へと変更されます。また、新オフィスでは作品がエントランスからガラス越しに見える位置に配されることから、従前に増してマネックス証券の来訪者の目に触れる機会が増えるものと期待されます。

1. 「ART IN THE OFFICE」プログラムについて
(1) 概要および目的
 本プログラムは、現代アートの分野で活動する新進アーティストの支援を目的として、特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]の運営協力を得て、マネックス証券が企画・主催しております。公募により選出された1 名のアーティストに対し、社内のプレスルーム(会議室)を応募作品の発表の場として約1 年間提供します。選出されたアーティストには30 万円の賞金および10 万円の制作費が支払われます。また、本プログラムによる作品は、マネックスグループ株式会社のアニュアルレポートなどに掲載される予定です。

(2) 募集内容
対 象: 現代アートの分野で活動するアーティスト
作 品: プレスルーム(会議室)の壁に展示する平面作品案(油彩、水彩、写真など)
募集期間: 2012 年4 月~2012 年5 月末日

(3) 審査員(50 音順、敬称略)
塩見 有子 (しおみ・ゆうこ) 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ理事長
西川 美穂子 (にしかわ・みほこ) 東京都現代美術館学芸員
藤田 晋 (ふじた・すすむ) 株式会社サイバーエージェント代表取締役社長CEO
松本 大 (まつもと・おおき) マネックス証券代表取締役社長CEO
山本 裕子 (やまもと・ゆうこ) 山本現代代表

2. 選出されたアーティストについて
(1) 福士朋子(ふくし・ともこ)氏プロフィール
 2005 年東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻油画修了。風景をモチーフにしたペインティングを経て、現在はホワイトボードにマジック、既製品のマグネットなどを使って、マンガの要素を取り入れた作品を制作。スパイラルが主催する「SICF12」にてグランプリ受賞(2011)。東京文化発信プロジェクトのストリートペインティング・プロジェクトでは東京芸術劇場の工事仮囲いに作品「見て見て☆見ないで」を展示(2011-2012)。並行してマンガをウェブサイト「少女画帖」で連載中。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング