デジタル圧縮音源向け高音質化技術「netK2」 有料音声配信サイト「らじこん」・ライブ音源即日販売サービス「BLITZ T2D」で全面採用 コンテンツ配信を開始!

PR TIMES / 2012年7月3日 12時33分



2012年7月2日
株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ

【概要】
株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ(本社:東京都港区、社長:入江清彦、以下、TBSラジオ)は、株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市神奈川区、社長:江口祥一郎、以下、JVCケンウッド)とJVCケンウッドのグループ会社であるビクターエンタテインメント株式会社(本社:東京都渋谷区東、社長:斉藤正明、以下、VE)が共同で開発を進めてきた圧縮音源の高音質化技術「net K2(ネットケーツー)」を採用した、TBS RADIO HD ENCORDERを開発し、運用を開始しました。同エンコーダーはTBSラジオが運営する有料音声配信サイト「らじこん」および、TBSテレビ、TBSラジオが運営するライブの音源を即日販売するサービス「BLITZ T2D(ブリッツ・ティーツーディー)」で利用されています。

【内容】
「netK2」は、JVCケンウッドとVEが共同で開発を進めビクタースタジオなどのレコーディングスタジオやマスタリングスタジオで採用されている高音質化技術「K2テクノロジー」をベースとした圧縮音源むけ高音質化技術です。「netK2」は三つの処理技術から成り立っています。
「net K2」には、コンテンツ配信事業者側がオリジナル音源の圧縮時に高音質化処理を行う「net K2プリ処理」技術と、圧縮音楽の再生時にユーザーが所有する機器側で高音質化処理を行う「net K2ポスト処理」技術の二つがあり、このうち「net K2プリ処理」技術を「らじこん」に正式採用しました。
これは、圧縮音源生成時に生じるコンテンツの音質劣化に対処すべく、圧縮時に失われてしまう音楽情報をあらかじめ生成しオリジナル音源に付加するもので、よりオリジナル音源に近い音質での高品位配信を実現します。

TBSラジオは2010年4月より有料音声配信ポータルの「らじこん」を開始、現在タイトル数は140、コンテンツ数は、3800を数えるサイトに成長しています。2011年秋からプロ・アマ問わないバンドのオリジナル楽曲の有料配信、『B.E.A.T project』を開始し、既に100曲を超える楽曲配信を行っています。 
また、6月より日本初の常設型ライブ音源即売システムBLITZ×T2Dを開始。赤坂BLITZにレコーディング機材を常設。音声収録スタッフらがその日のライブをレコーディングします。ライブを鑑賞した観客の皆様に「T2D LIVECARD」を販売し、終演後、最短1時間でライブでの演奏がダウンロード可能となり、感動をその日のうちにお持ち帰りいただけるサービスです。
この間、ラジオ番組・楽曲配信を通じ、圧縮した音源による音質面の制約から、アーティストやエンジニアを始めクリエイターが本来伝えたいコンテンツの感動がユーザーに伝わりにくい場合があり、その課題解決を検討していました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング