インターアローズが提供するスマートフォン自動変換ツールbMobilizedが、bMobilized SoftBank BB Editionとしてサービス開始。

PR TIMES / 2013年6月14日 17時46分

デジタルマーケティングのコンサルティングサービス、グローバルインターネット市場データを提供する株式会社インターアローズ(本社;東京都品川区、代表取締役社長 男澤洋二、以下「インターアローズ」)は、米国ニューヨークを拠点とするbMobilized Inc. 社、PCサイトからスマートフォンサイトに瞬時で変換する自動変換ツールbMobilized(ビーモビライズド)の国内総販売元である。このたび、6月14日よりソフトバンクBB株式会社(本社;東京都港区、代表取締役社長兼CEO 孫正義、以下「SBB」)のパートナー企業を通じて、bMobilized SoftBank BB Editionとして販売を開始した。

bMobilized(ビーモビライズド)は現在50カ国超で100万以上の変換実績を誇るスマートフォン自動変換ツールのパイオニアである。特許技術の自動内容認識エンジン(ACI)が、PCサイトをそのまま活用しながら高度なアルゴリズムで処理領域(ROI)を自動解析。コンテンツをメニューアイテムや内容の括り、デザイン要素などへ振分けてスマートフォンサイトを作成する。更に、カスタムスイートという双方向技術により、ナビゲーションやロゴ画像の調整から、SNS、地図等の豊富なプラグインまで簡単に豊富なカスタマイズが可能だ。

このように充実した機能を、わずか最短30分で、製作から公開までできるという点、その後のメンテナンスが不要であるという点が、bMobilized(ビーモビライズド)の最大のメリットであろう。また、13,000種以上の発売済み全スマートフォン端末(iOSやアンドロイド、Windows Phone、ブラックベリー10に完全対応)やタブレット等に最適化しながら、月額料金1,980円(税抜き)という低価格で提供される。

SBBは、国内スマートフォン市場の拡大を背景に、今回インターアローズと協力して行うbMobilized SoftBank BB Editionの販売により、スマートフォン事業市場の拡大が期待されている。

bMobilized Inc.本社CEO のBen Seslija(ベン・セスリーヤ)氏が、コメントを寄せている。「インターアローズとbMobilized Inc.社が手を組んで、日本のスマートフォン事業市場におけるbMobilized(ビーモビライズド)ブランドを確立していきます。ソフトバンクBB社との今回の取り組みも、必ずや成功するでしょう。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング