ATOMICO Open Office in Tokyo 2012 日本にはまだチャンスが眠っている! 日本の若者たちの“起業家精神”こそが日本を変えていく

PR TIMES / 2012年9月26日 9時17分



2012年9月25日(火)、Skypeの創業者であるニクラス・ゼンストローム(Niklas Zennstrom)によって設立されたベンチャーキャピタル・ファンド、Atomico(アトミコ 本社:ロンドン、東京事務所所在地:港区虎ノ門、日本代表:岩田真一)が、日本の学生や若いビジネスマンを対象に“起業家精神”喚起を目的としたアントレプレナーシップ・セミナーを開催。立ち見も出るほどの、定員を大幅に超える総勢550名の学生、 若手ビジネスマン、スタートアップに関わる起業家、そして投資家が一堂に会した。

セミナーでは、ニクラス自身の起業家としての失敗、挫折、そしてそれを乗り越えての成功体験、その成功の鍵となった“起業家精神”が語られた。さらに楽天の三木谷社長や、デザインアイテムに特化することで著しい成長を続けているオンラインショッピングサイトのFab(http://fab.com/) 、Angry Birdsが世界的ヒットとなったエンターテイメントメディアカンパニーのRovio(http://www.rovio.com/en)、日本発のベンチャー企業が世界の翻訳者をつなぎ翻訳業の仕組みに変革をもたらした翻訳・校正サービスのgengo(http://ja.gengo.com)、世界20ヶ国で利用されるモバイルに特化した選択問題式学習プラットフォームのQuipper (http://www.quipper.com/)というAtomicoからの投資を獲得し現在グローバル規模で成功を収めているベンチャー企業4社を迎えたパネルディスカッションで、日本市場が持つグローバリゼーションの可能性について、熱いディスカッションが交わされた。

ニクラスの日本の若者たちへのメッセージは以下のとおり。
「数々の失敗を繰り返し、そのたびに大きく成長し、失敗を経験すればするほど、成功を求めてさらに貪欲になる強さ。大きなリスクをとって夢にかける、そして世界を変えたいと思って素晴らしい革新をもたらす。それが“起業家精神”です。
確かに日本からはオンライン分野ではまだグローバルで活躍するベンチャー企業が輩出されていません。しかし日本は卓越した技術と“日本を変えたい”“日本を元気にしたい”という熱い思い、夢に向かって猛進する力を持ち合わせています。そして、日本は高度な技術をもち、それを形に変える創造力も持っているのです。過去、世界で認められた日本の商品やサービスが数多く存在することで、日本のポテンシャルは既に実証済みです。ですから、オンライン分野においても、いずれグローバルで活躍するベンチャー企業が日本から輩出されるのは自然なことなのです。
では、この10数年、日本が停滞したのはなぜか?それはイノベーションが起こらなかったからだと私は思います。だからこそ今が、この10数年を振り返る絶好の機会だと捉えていただきたい。日本には振り返る歴史があるのですから、それはとても幸運なことです。イノベーションを起こすのは、失敗を恐れない若い力です。みなさん一人ひとりが“起業家精神”をもってビジネスに挑むことが、日本を向くべき方向に変えていく力となるはずです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング