Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 第1弾 集客対決の勝者はTwitter! でも「SNSを使う理由はみんなで会うため」。 SNS上の友達を飲み会に誘えるWEBアプリも登場。

PR TIMES / 2012年7月25日 17時15分



世界160ヶ国で愛される、輸入ビールNo.1(※)ブランド「Corona Extra(コロナ・エキストラ)」の輸入販売を手掛けるモルソン・クアーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野 健一)は、2012年夏の「Corona Extra」ブランドにおける新プロジェクトとして、『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』を展開しています。
2012年7月20日(金)には、同プロジェクトの第1弾として、「Twitter」にスポットを当てた企画、『Twitterに挑戦』を実施しました。

※2009年当社調べ。(ライセンス生産品を除く)


■Ustream視聴者数は7000人以上、UstreamのTOPにも掲載された注目の告知対決
 「Twitter」代表・Zeebra VS 「リアル」代表・おかもとまり…集客数は「Twitter」が勝利!

『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』は、SNSなどを利用した「ソーシャル」上でのコミュニケーションと、「リアル」な場でのコミュニケーション、それぞれのつながりの強さを比較検証するプロジェクト。
2012年7月20日(金)には、本プロジェクトの第1弾として、「Twitter」上でのつながりと「リアル」なつながりでは、どちらがより強いものと言えるかを検証する企画『Twitterに挑戦』を実施しました。
本企画では、Twitterの影響力を信じる「Twitter代表」としてHIP HOPアーティスト・Zeebraさん、リアルなつながりこそ全てと信じる「リアル代表」としてものまね界のアイドル・おかもとまりさんが登場。
2012年7月20日(金)開催のパーティーに、どちらがより多くの人を集客できるかを競いました。
制限時間は1時間半。
「Twitter」代表のZeebraさんは、Twitterのみを使ってフォロワーにパーティーの告知をし、「リアル」代表のおかもとさんは、電話などで告知をおこないました。
1時間半の制限時間の中で、「Twitter」代表のZeebraさんは100人以上を集客。
渋谷の街中に直接飛び出すなど強引な手段を使いながら40人以上を集客した「リアル」代表のおかもとまりさんを上回り、勝利を手にしました。
なお、当日のパーティーのUstream動画の視聴者数は7000人以上となり、UstreamのサイトのTOPページでも紹介されるなど、大きな注目を集めました。


■「ソーシャル」の影響力は絶大・・・でも「リアル」なつながりも不可欠!?
 「SNSをなんでやってるかって言うと、みんなで会うため」
 「みんな一歩外に飛び出よう!」Zeebraさんからの熱いコメント

当日のパーティー会場には、MC担当のお笑い芸人の古坂大魔王さん、アシスタント担当のグラビアアイドルの小松彩夏さんも登場。
Zeebraさんによる即興LIVEがおこなわれるなど、参加者全員がプレミアムなパーティーを楽しみました。
集客対決の結果として、Zeebraさんの勝利が発表された瞬間、盛り上がりは最高潮に。
勝利したZeebraさんからは、「何をしなきゃいけないかと言うと、みんな一歩外に飛び出よう!」、「SNSをなんでやっているかと言うと、みんなで会うためだったり、みんなに何かを伝えるためだったり、ふと思った熱いことを言うため」といったコメントが寄せられるなど、今回のパーティーのような「リアル」な場でつながることの重要性を再認識させられるイベントとなりました。

▼『Twitterに挑戦』Ustreamアーカイブ動画 URL
http://corona-extra-beer.jp/campaign/twitter/

当日の様子はキャンペーンサイト内のアーカイブ動画よりご覧いただけます。
期間限定での掲載(掲載終了時期は未定)となりますので、お見逃しのないよう、お早めにご覧ください。


■第2弾もスタート!『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』
 Zeebraさんの挑戦が実際に体験できる!
 SNS上の友達を飲み会に誘えるWEBアプリケーションを開設

今回の『Twitterに挑戦』に続き、「Corona Extra」では今後も「ソーシャル」と「リアル」のつながりを検証する企画を続々と開催してまいります。
『Twitterに挑戦』が開催された2012年7月20日(金)には、『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』第2弾として、誰でも簡単にSNS上の友達を飲み会に誘う事ができるWEBアプリケーション『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - SNSのつながりに挑戦!』を開設いたしました。
本サイトは「SNS上での友達は、飲み会に誘ったら本当に来てくれるのか」という今回のパーティーでZeebraさんが挑戦した内容を、一般ユーザーも体験することができるツールとなっています。
サイトにログインし、TwitterまたはFacebookを連携させることで、SNS上での友達をユーザーが主催した飲み会に誘うことができます。
選択した任意の友達の元には飲み会の招待状ページのURLが、TwitterではDMとして送られ、Facebookでは招待した友達のウォールに書き込まれます。
そして、URLをクリックするとそれぞれの飲み会の招待状ページへリンクし、飲み会の日時や場所を確認、その飲み会の出欠を選択できるという仕組みになっています。
なお、主催者は飲み会の参加者と辞退者を管理ページから閲覧することが可能。
SNS上だけでの「つながり」が、はたして「リアル」な「つながり」となるのかを検証することができます。
「Corona Extra」はこのツールが、これまでSNS上だけでつながっていた友達と「リアル」な場でもつながるキッカケになればと考えています。

▼『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』第2弾 WEBアプリケーション URL
http://corona-extra-beer.jp/campaign/sns/


『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』について

無線LANでのインターネット接続を可能にしたWiFiの普及が進む今日では、SNSを用いて場所を選ばずにさまざまな人とのコミュニケーションができるようになりました。
しかし、こうしたSNSをはじめとした「ソーシャルコミュニケーション」だけで、本当の「人と人とのつながり」を生み出せるのでしょうか。
人と人とが本当につながるためには、「ソーシャル」上だけではなく、実際に同じ時間・瞬間を一緒に過ごす「リアル」な場でのコミュニケーションが必要ではないでしょうか。
そこで「Corona Extra」では、2012年夏の新プロジェクトとして、「ソーシャルコミュニケーション」のつながりと「リアル」のつながりの強さを比べる『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』を進めてまいります。
今後の「Corona Extra」の挑戦内容の詳細とお得なイベント情報については、WiFi世代のマストアイテムであるスマートフォンをイメージしたユニークなデザインの『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』キャンペーンサイトで随時アップデートしてまいります。

▼『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』キャンペーンサイト
http://corona-extra-beer.jp/campaign/wifi/


Corona Extra(コロナ・エキストラ)とは?

メキシコNo.1のリゾートスタイルプレミアムビール。『ライムを入れて、ボトルのまま飲む』というユニークなスタイルで、いつもと違ったプレミアムな経験を提供します。
スッキリした飲み口で、若者にも人気。
2012年は、Connect without WiFiというメッセージのもとブランドキャンペーンを展開。
「Corona Extra」はリアルなつながりを応援します。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
【本件に関する問い合わせや取材・資料ご希望の方は下記までご連絡ください】
■「Corona Extra」に関する問い合わせ先
モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社  マーケティング部 永倉(ながくら)
TEL:03-6416-4580
■パーティーイベントに関するメディアからの問い合わせ
SIMONE INC  COMMUNICATION DESIGNER 小野田(おのだ)
TEL:03-5784-0843
---------------------------------------------------------------------------------------------------

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング