<遠隔発電見守りサービス“エコめがね”>  全量買取制度の投資回収リスクを軽減する新ソリューションを 提供開始 〜太陽光発電事業者の利益を最大化〜

PR TIMES / 2012年8月1日 16時10分



 株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 谷口裕昭、以下NTTスマイルエナジー)は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(以下、全量買取制度)の施行を受けて、2012年8月1日より太陽光発電の全量買取制度向けの新ソリューションを提供開始いたします。 
 NTTスマイルエナジーでは2011年11月よりクラウドを活用した新しい形の太陽光発電システムモニタサービスとして、一般家庭向けに電池駆動式で導入が容易な“エコめがね”を提供しておりますが、このたび、全量買取制度システム向けにセンサの仕様を電池交換が不要なAC電源とし、計測容量も向上したシステムを開発しました。
 全量買取制度の適用を受けるためには、導入設備が初期に期待される性能を安定的に維持できるようなメンテナンス体制が確保されていること(※)が必要となります。
 これに対し、“エコめがね”は遠隔から発電状況をモニタリングすることが可能なため、一般家庭以外の施設や遊休地に太陽光発電システムを設置する場合に必要なメンテナンス体制の確保を容易にすることができます。また、発電量の見守りサービスにより発電量の低下等、太陽光発電システムの異常を早期に発見できるため、投資回収遅れのリスクを軽減します。

【“エコめがね”は全量買取制度向けに以下のソリューションを提供します】

1,AC電源“エコめがね”センサを開発
 “エコめがね”センサの電源をAC電源化することにより、人が常駐しない場所でも電池交換を行う事無く太陽光発電システムの監視が可能となりました。
また、計測容量も従来の一般家庭向けの10kwから20kwまで向上することにより、比較的大規模な全量買取向け太陽光発電システムにも対応できるようになりました。
 20kwを超えるシステムの場合には、複数台の“エコめがね”センサを設置する事で計測が可能になります。複数台設置の場合でも、CSVによる一覧表示機能で発電状況が一括管理できます。

2,太陽光発電システムの見守りサービス
 太陽光発電システムの発電状況を、パネルの容量や設置角度、日射量情報等から診断し、レポートにして表示します。これにより、異常が発生している太陽光発電システムの検知が容易となり、効率的なメンテナンスと投資回収リスクの軽減が可能となります。
 
3,遠隔から発電状況を見える化
 計測データはクラウドサーバに蓄積されるため、太陽光発電システム設置場所に人が常駐しなくても、遠隔からインターネットを介し、スマートホンやPCにより発電状況を確認できます。
 発電状況は太陽光発電システムのオーナーだけではなく、施工会社や管理会社とも共有頂く事が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング