“本当にPDCAが回る” *目標管理ツール/「jogg(ジョグ)」 12月5日よりサービス開始

PR TIMES / 2012年12月3日 9時53分

トーマツ イノベーション株式会社は、2012年12月5日(水)から中小企業向けに社員育成のための目標管理ツール「jogg(ジョグ)」の販売を開始します。
本ツールは、従来のようにやるべきことを羅列するだけのタスク管理ツールではなく、「目標を達成するために何をやるべきか」を社員自らに考えさせ、継続させることができる“目標管理Webツール”です。






本ツールは「社員が言われたことしかやらない」「言われたこともやりきれない」という、中小企業の経営者、管理者の悩みを解決するものです。


PDCA管理や目標管理制度は、人材育成において本来は非常に有効な制度です。大企業を中心に導入が進んでいますが、目標設定自体が難しく、目標を立てても計画倒れになったり、チェックが形骸化したりする等、現場での実践が課題となっています。

「jogg(ジョグ)」は、従来のようにやるべきことを羅列するだけのタスク管理ツールではなく、「目標を達成するために何をやるべきか」を社員自らに考えさせ、継続させることができる“目標管理Webツール”です。

このツールは、今まで一体化が難しかった「目標管理、タスク管理、クイックな報告・連絡・相談及び情報共有」など、社員が自立してPDCAを回すために必要な機能を一つにまとめました。運用はメンバーのサポート責任を持つコーチと、メンバーがそれぞれの専用画面(マイページ)で行います。


【特徴】
1. 目標に向けた行動を自ら考え実行
・ メンバーが目標を自ら考え、達成に必要な具体的な行動を見える化し、実行します。


2. 上司のサポートで、メンバーの実行力アップと上司自身の成長を実現
・ 上司がメンバーをサポートすることで、メンバーのPDCAを回す力がアップします。それだけではなく、上司(コーチ)自身のマネジメント力が強化できます。


3. いつでもどこでもクイックな報連相・情報共有
・ 疑問点があれば、Web画面を通じて、いつでも、どこからでもコーチに報告・連絡・相談(報連相)をするこができます。
・ メンバーの仕事・目標の達成状況は、メンバーと上司の両方のタイムライン上にリアルタイムに表示され、上司への報告・他メンバーへ情報共有ができます。
・ 報告の漏れや遅れがなくなるだけでなく、業務効率化にも繋がります。
・ メンバーの実行施策や手法など、成功事例を全員で共有できます。


4. 仕事のセルフチェックを習慣化
・ 週1回自動的にチェック画面が登場し、メンバーは行動の振り返りと、次の行動を考える習慣が身につきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング