子どもの泣きと育児ストレスに関する調査 「子どもの泣き声」をストレスに感じる母親、86.2%~「泣きやませ」に6割以上の親がデジタルツールを使用~

PR TIMES / 2012年10月4日 15時54分



 株式会社ロッテ(本社:東京都新宿区 代表取締役会長 重光武雄)は、2012年10月2日に発売した新商品『カフカ(袋)〈極うまミルク味〉』のプロモーションの一環として作成した泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」にちなみ、2012年9月、全国の1~3歳の子ども450名とその母親に対し、「子どもの泣きと育児ストレスに関する意識調査」を実施いたしました。以下はその調査結果です。
 泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」は、日本音響研究所所長の鈴木松美氏を監修に迎え、この商品のターゲットである子持ちの女性たちの悩みである「子どものグズり泣き」のために、科学的な根拠に基づき開発されました。0〜3歳児52名を対象に行った実証実験調査(2012年8月25~26日、会場調査)では、52名中50名、96.2%の子どもが「ふかふかかふかのうた」を見て泣きやむという結果が出ております(一時的な泣きやみ含む)。


【基本調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査実施期間:2012年9月14日(金)~23日(日)
対象者:アンケート有効回答/ 1~3歳の子どもをもつ母親450名(1歳児、2歳児、3歳児:各150名)


【調査結果】
1. 自分のことを「ダメママ」と感じたことがある人は8割以上
 ~ 自己評価も57.9点と低め、育児に自信のないママが多数 ~

 82.4%もの母親が自分のことを「ダメママ」と感じたことがあり、しかも現在の自己評価も平均57.9点と低い傾向にあることがわかりました。また、「育児をやり直したい」と感じたことがある人も44.0%と少なくなく、自分の育児に自信が持てない中で、悩みながら子どもと接している母親が多いようです。
 「ダメママ」と感じた瞬間としては、「子どもに自分の感情をぶつけてしまった時」(87.9%)、「子どもよりも自分の都合を優先してしまった時」(62.5%)、「子どもの気持ちをわかってあげられなかった時」(48.0%)の3つが断トツに多く、育児中に自分本位になってしまう時ほど罪悪感にさいなまれる傾向がありました。


2. 子どもの泣き声をストレスに感じたことがある母親は9割近く
 ~ 自己評価の低い親ほど泣き声がストレスに感じられる傾向 ~

 86.2%の母親が「理由のわからない子どもの泣き声」に対してストレスを感じたことがあると回答。とくに前ページでご紹介した「自己評価点」が低い母親ほど、子どもの泣き声をストレスに感じる傾向が強く、育児に対する自信とストレスには強い関係があるのではないかと推測されます。実際、子どもを泣きやませるのに費やしている時間は、1日平均38.1分と短くないこともわかりました。
 母親になって大変だと思う瞬間の第3位にも「子どもが泣き出したり、グズったりする時」がランクイン。子どもの泣き声は母親にとって大きな育児ストレスのひとつとなっている可能性が浮かび上がりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング