耳あな型補聴器 「XCEL ITEシリーズ」 発売 徹底的な音質調査を通じ、日本人が好むベストサウンドを実現

PR TIMES / 2012年10月12日 12時16分



シーメンス ヒヤリングインスツルメンツ株式会社(通称:シーメンス補聴器 本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:ベルント・ウェーバー)は、2012年5月に発表した新技術“XCEL(エクセル)テクノロジー”を搭載した耳あな型補聴器を、2012年10月15日(月)より、全国のシーメンス補聴器取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店などで発売します。

XCELテクノロジーは、補聴器に要求される言葉の明瞭度に加え、日本人が好む音質(聞き心地)を追求し、人の耳が本来持っている機能により近づけることを目標に開発されました。2年間に渡り、日本人が好む音質の調査を行い、その結果を開発チームにフィードバックすることで、繊細でニュアンスに富んだ日本語の会話や自然の音を再現し、既存の補聴器ユーザーはもちろん、初めて補聴器を使用される方にも違和感なく使用していただける製品となっております。

5月に発売されたXCELテクノロジーを搭載した耳かけ型シリーズに加え、このたび耳あな型もラインナップに追加されたことにより、より多くのかたのニーズにお応えし、XCELシリーズの明瞭で自然な音質をお届けすることが可能になりました。

また、10月1日「グッドデザイン・ベスト100」に選定されたSIEMENS COOL(シーメンス クール)のXCELテクノロジー搭載製品も発売されます。デザインと技術の進化によって、年齢を問わずにファッション性が上がることは、心を豊かにする重要なファクターであり、初めてのかたにも違和感なく使用していただけるSIEMENS COOLのデザイン性に、XCELテクノロジーが追加されたことにより、補聴器を手に取ることをためらい、聞こえに不自由な生活をされている方々のQOLを改善する一助となればと考えます。

■今回新たに発売される製品ラインナップ
SIEMENS COOL XCEL / SIEMENS COOL-P XCEL / Motion XCEL CIC / MC / CT※1/ CT Twin※1/ LS Twin※1 ※1出力を増強した「パワー」版もラインナップ(画像参照)

■製品特徴
独自の 3 つの機能を有した“XCEL アンプ”と日本語の聞きとりやすさを考慮した新しい調整方法“XCEL フィット”を両輪とする XCELテクノロジーを搭載した耳あな型補聴器です。

XCELアンプ:3 つの機能で聞き取りのよさと心地よい音の適切なバランスを実現
・ 「ツインニーポイント」:音の大きさをより細かく調整
・ 「スローコンプレッション」:音のニュアンスを確実に伝える
・ 「アシンメトリックチャンネルカップリング」:必要な音を聞き逃さずに、よりスッ
  キリとした聞こえを実現

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング