【国内初】動物病院の療法食販売を支援する通販事業『プロミクロスケア』お申込動物病院サービス開始8ヵ月で1,000件を突破

PR TIMES / 2013年6月17日 11時28分

全国の動物病院の90.6%(※1)が利用している動物病院向け通販サービスを展開する株式会社プロミクロス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:地引 吉昭、以下プロミクロス)は、動物病院が行う療法食(※2)の指導と連携した国内初の通販サービス『プロミクロスケア』が、お申込動物病院1,000件を突破しましたのでお知らせいたします。2012年10月10日(水)に正式版サービスを開始以来約8ヵ月での達成となります。



■これまでの課題
動物病院では、従来療法食は個々の病院がそれぞれ仕入・販売の業務を行っており、その結果療法食の指導・販売が診療業務の負担になっております。昨年度当社が動物病院を対象に行ったアンケートによると、療法食販売に負担を感じている病院のうち、「在庫の期限管理」においては88.6%が負担に感じている、という結果が出ました。(グラフ「療法食販売において負荷と感じる業務」参照)
また、飼い主においても、療法食を自宅に持って帰るのが重い、動物病院に買いに行く時間がない、などの理由から、かかりつけの動物病院以外の通販サイトや量販店で購入しているケースが多く見受けられておりました。

■『プロミクロスケア』提供後の状況
これらの状況を踏まえ当社は、獣医師が飼い主に指導した療法食を、飼い主が自宅から注文及び購入ができる通販サービス『プロミクロスケア』を2012年10月から全国の動物病院に提供いたしました。
その結果、サービス開始後約8ヵ月でお申込動物病院数が1,000件を突破しました(グラフ「『プロミクロスケア』申込病院数推移」参照)。これにより、全国の約10%の動物病院に、動物病院にとって効率的で、かつ飼い主にとって安心で便利な療法食購入システムを利用できる環境が整ったかたちとなりました。
当社が本サービスを申し込んだ動物病院を対象に行ったアンケートによると、「『プロミクロスケア』を使うと期限管理の手間が減る」と答えた病院は75%あり、これまで動物病院の課題だった療法食販売にかかる負荷を軽減できていることがわかりました。(グラフ「プロミクロスケアを使うと、フードの期限管理の手間がどれくらい減ると思いますか」参照)
また、「『プロミクロスケア』に満足している」と答えた病院は84%あり、期待の高さをうかがうことができます。(グラフ「プロミクロスケアにどれくらい満足していますか」参照)

プロミクロスは、今後も『プロミクロスケア』を通じて動物病院と飼い主向けのサービスを拡充し、動物病院の発展と、飼い主の安心なペットライフを支援してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング