ディプロマット社、新製品を発表。充実の機能を装備した耐火ファイリングキャビネット、投入式金庫、ホテル用セーフの3ラインが日本初登場!

PR TIMES / 2013年2月12日 12時2分

ディプロマット社/Diplomat Safe (本社:韓国釜山、会長:Man-Young Chang) の総販売代理店、ディプロマット・ジャパン株式会社 (本社:東京都大田区、代表取締役:川本哲生) は、新製品の耐火ファイリングキャビネット、投入式金庫、ホテル用セーフの販売を本年1月より開始。 世界80カ国以上にて販売を行う総合金庫メーカー、ディプロマット社は、昨年7月より10年に渡る日本でのOEM販売に加え、自社ブランドでの販売活動を始め、現在はオンラインショップ、オフィス通販、専門店を中心にホーム用・業務用の耐火金庫を販売。 今年度からさらに業務用を中心とした新製品を導入。オフィス、ホテル、旅館、飲食関連への拡販を目指す。新製品は、ディプロマット社ならではの様々な独自機能が装備された、付加価値が高い高品質の製品。 





【耐火ファイリングキャビネット】ディプロマット耐火ファイリングキャビネットの3機種、DFC2000R3、DFC3000R3、DFC4000R3を発売。重要書類のファイリングに最適の耐火キャビネット。テストレベルの高いスウェーデン国立技術研究所、SP規格の60分耐火テストと韓国KS規格の60分耐火、衝撃落下、急加熱・爆発の各試験に合格。A4版ファイルに対応。


(1)ディプロマット社独自のデジタルテンキーロックの最上位機種を装備。様々な便利機能を持ったロックシステム。
●一目で確認できる、数値、文字のデジタル表示と操作音機能付き。暗証番号の非表示や操作音の消音も可能。
●4桁から16桁の暗証番号の登録が可能
●間違えた暗証番号の打ち込み5回による、5分間のアラーム音と自動ロック機能付き。
●ON、OFFが可能な「ビルトイン・アラーム」を標準装備。衝撃に対してアラームが鳴る。
●2つの暗証番号の組合せによりロックを解除するデュアルコントロールシステム付き。
●暗証番号を見られそうな時など、暗証番号の前後に任意の番号を入れても開閉が可能な便利なスクランブル機能付き。
●ローバッテリーの液晶表示。
(2)最上段の引出はテンキー操作により、常に施錠、開錠が出来る。また最上段を除く引出は、引出し側面のフックを上下させる事により、常に最上段の施錠に関わらずフリーにする事と、最上段の引出を開いた状態での開閉が可能。
(3)安心、安全のラッチ機能付き
(4)仕切り板、ハンギングレール付き。
(5)保証期間は、業界最長の18ヵ月。

【投入式金庫】
ディプロマット投入式金庫の3機種、DS20, DS25,DS30を発売。ドアの厚さ9.0mm、本体3.2mmの鋼板を使用し、4本の太いカンヌキでしっかり収納物を守る、優れたセキュリティ機能を誇る投入式金庫、非耐火製品。小売店、飲食店向けに最適の製品。


(1)ディプロマット社独自のデジタルテンキーロックの上位機種を装備。様々な便利機能を持ったロックシステム
●一目で確認できる、数値、文字のデジタル表示と操作音機能付き。暗証番号の非表示や操作音の消音も可能。
●4桁から16桁の暗証番号の登録が可能
●間違えた暗証番号の打ち込み5回による、5分間のアラーム音と自動ロック機能付き。
●ON、OFFが可能な「ビルトイン・アラーム」を標準装備。衝撃に対してアラームが鳴る。
●2つの暗証番号の組合せによりロックを解除するデュアルコントロールシステム付き。
●暗証番号を見られそうな時など、暗証番号の前後に任意の番号を入れても開閉が可能な便利なスクランブル機能付き。
●ローバッテリーの液晶表示。
(2)付属のアンカー固定で更にセキュリティがアップ。
(3)保証期間は、業界最長の18ヵ月。

【ホテル用セーフ】
ディプロマットホテル用セーフ。ロックはテンキー式とシリンダーキー式。登録方法やホテルのスペース、デザイン、予算に合わせ6種類、カラーは黒と白の計12機種を発売。ディプロマット社のホテル用金庫は既に世界各国の販売店を通じ、世界の有名ホテルチェーンで多数の採用実績があります。


(1) 保証期間は、業界最長の18ヵ月。

【ディプロマット・ジャパン、会社概要】
会社名:ディプロマット・ジャパン(株)
代表取締役:川本 哲生
会社内容:ディプロマット社製品の輸入、販売。日本での総販売代理店
創業:2012年7月30日
所在地:〒144-0052 東京都大田区蒲田5-26-8 アーデル蒲田501
TEL:03-6424-8588
FAX:03-6424-8382
詳しい会社案内・製品情報 URL: http://www.diplomat-jpn.com
お問合せ先:info@diplomat-jpn.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング