松本健一「アジア共同体形成」に関する連続セミナー  第4回 「ミャンマーにとってのアジア共同体:東アジアと南アジアの橋渡し役」

PR TIMES / 2013年2月4日 9時22分

ゲスト・パネリストに、仙谷由人(元内閣官房長官)、工藤年博(ジェトロ・アジア経済研究所)が決定

松本健一「アジア共同体形成」に関する連続セミナーの第4回は、2月19日(火)17時から、麗澤大学東京研究センター(新宿アイランドタワー)にて開催。
今回のテーマは「ミャンマー」。ゲスト・パネリストに、仙谷由人(元内閣官房長官)と工藤年博(アジア経済研究所主任調査研究員)を迎え、ミャンマーの文化・歴史・宗教、ミャンマーの政治・経済状況の分析、アジア共同体形成との係わりに焦点を当てる。



 一般財団法人アジア総合研究機構では、「アジア共同体」形成への理解を深めるための連続セミナーを、昨年10月より毎月1回開催しております。日本思想家・作家・評論家であり、当財団の評議員議長を務める松本健一先生が、毎回ゲスト2人とともに、アジアにおける政治・経済・社会、文化・文明、歴史、環境等をテーマに論点を整理する試みです。1月からはNPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブ(AII)のご協力を得て、より充実したセミナーに発展しております。

 第4回目となる今回は、新たな投資先として世界中の企業から注目を浴びるミャンマーを取り上げます。テイン・セイン大統領と中心とする新政権のもと、 民主化・国民和解に向けた改革が進むミャンマー。特殊な政治体制、民族間の紛争などミャンマー特有のリスクは依然として残るものの、同時に様々な分野においてビジネスチャンスが広がる可能性も秘めております。

 今回は、日本のインフラ輸出拡大を目指す新成長戦略の取りまとめ役としてたびたびミャンマーを訪れ、同国との関係強化に尽力された仙谷由人氏(元内閣官房長官)、日本におけるミャンマー地域研究の第一人者である工藤年博氏(アジア経済研究所研究企画部主任調査研究員)をゲストにお招きし、松本健一先生とともに、日本とミャンマーの深い絆や、人々の生活に溶け込む仏教の影響など、文化・歴史・宗教面にも触れながら、ミャンマーの政治・経済状況を分析し、アジア共同体形成との係わりに焦点を当ててまいります。


【第4回 セミナー概要】

タイトル:松本健一「アジア共同体形成」に関する連続セミナー
     第4回 「ミャンマーにとってのアジア共同体:東アジアと南アジアの橋渡し役」
日 時: 2013年2月19日(火) 17:00 - 19:00 (受付開始16:30)
会 場: 麗澤大学東京研究センター、
     <住所> 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4階 4104号室
     <地図> 下記の関連リンクをご参照ください。
参 加 費: 一般 3,000円、学生 1,000円 (学生証呈示)
AIIコーポレート・サポーター企業・AII賛助会員 1,000円
     ※ いずれの参加費も当日受付にて承ります。
お申込み:<お申込みフォーム>
       下記のURLにて受付中です。
       http://enqmaker.jp/member/?id=93919825
     <電子メール>
       メールに「お名前」「ご連絡先」を明記し、下記アドレスまで
        お送り願います。
       info@kfasia.jp (アジア総合研究機構 事務局宛)
締め切り: 2013年2月18日(月)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング