ついに「イクメン」に変化!? 育児×アクティブ=『イクティブ』 これが新しいパパと子のあり方

PR TIMES / 2013年9月5日 19時56分

「イクメン白書2013」イクメンに関する実態調査結果発表

1.親子関係は「共有する関係性」へ…「子どもだけでなく、親子で一緒に楽しむことが重要」と答えるパパが急増
2.得意な育児はアクティブな「外遊び」が3歳以上で1位
3.子どもの日常を「ビデオカメラ」を使って「動画」で記録に残すのが『イクティブ』なパパ!!




 英国初の父親向けライフスタイル雑誌であり、日本唯一の“イクメン”雑誌「FQ JAPAN」編集部(株式会社アクセスインターナショナル 東京都渋谷区、発行人:清水朋宏)は、2013年9月13日(金)~9月14日(土)の2日間、東京ビックサイトで開催される「日本最大級の育児をがんばるパパのための祭典「イクフェス2013」にちなんで、217名(男性:158名、女性:59名)を対象に「イクメンに関する実態調査」を実施しました。

 2010年ユーキャン新語・流行語大賞のトップ10に選ばれた「イクメン」という言葉。産休による出産後、女性が引き続き育児を行うのが一般的でしたが、男性が育児休業基本給付金といった制度を利用し、育児休暇をとって積極的に育児を行う男性が増えたことにより、育児を積極的に率先して行う男性、育児を楽しんで行う男性を意味して出来たのが「イクメン」です。
 

 2010年以降も、所得格差の拡大、核家族化、共働き世帯の増加など、育児環境の変化に伴い、父親の育児参加はますます求められています。

 「イクメン」は育児も仕事もスマートにこなす」というイメージがありますが、父親の価値観や子どもの年齢などによって、できる育児の内容や参加の仕方は当然変化してきます。

 今回の調査では、子どもが成長していく上で、変化していく「イクメン」の「育児方法」や「コミュニケーションの取り方」などを、子どもの成長過程に合わせて質問をしました。また、「イクメンの条件」や「育児へのお金に対する価値観」、さらに自分が子どもの頃の親との関係性と、今子供を持って思う理想の親子の関係性を比較調査するなど、変化していく「イクメン」の実態について調査結果をまとめました。

【総評:FQ JAPAN 編集長 畑山 護之】
ついに「イクメン」に変化!?  新たな育児スタイルの象徴 ~「育児」×「アクティブ」=『イクティブ』~
 今回の調査では、我々がここ数年雑誌作りの過程で感じていた“父親の育児の変化”が、如実に結果として出るカタチとなりました。それは、もはや父親の積極的な育児参加=「イクメンであること」は当たり前のことであり、むしろそのスタイルはどんどん「多様化」していること。中でも父親ならではの育児として、外遊びを中心にとても「アクティブ」な育児を実践している父親が多いということです。編集部ではこれを、「育児」×「アクティブ」=『イクティブ』として、新たな育児スタイルの象徴と捉えています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング