10月8日は入れ歯の日。眠っていた金歯が、紛争地の人々を救います

PR TIMES / 2014年10月2日 13時20分

10月8日が何の日かご存知ですか?

武力紛争の発生や再発の防止を支援する日本のNPO、特定非営利活動法人 日本紛争予防センター(以下JCCP)(理事長:瀬谷ルミ子、事務局長:石井由希子)では、10月8日(入れ歯の日)から「金歯キャンペーン」を開催いたします。
眠っていた金歯1本が、紛争地域の人々を救います。




■金歯1本で何ができるのか
我々は主にケニアと南スーダンの紛争地域に対して支援を行っています。

ケニアでは、首都ナイロビ市の東方に位置するスラム街「マザレ地区」での平和構築事業を行っています。その事業の中の活動に子どもへの心のケア(チャイルドセラピー)があります。例えば金歯1本で、セラピー用のおもちゃ1つ、又は清掃用の軍手を購入することができます。また、南スーダンでは、紛争で被害を受けやすい女性や少女を守るための支援を行っています。例えば金歯3本で就職支援のためのYシャツ1枚を購入することができます。

■キャンペーン期間
2014年10月8日~2015年3月31日

■ご寄付いただきたいもの
使っていない金歯や入れ歯、治療の際、不要となった貴金属

■支援の流れ
【個人の場合】
1. ご家庭に長年眠っていて、寄付してもいい金歯をJCCPに送付していただく。
2. JCCPが換金し、紛争地域の人々へ届けます。

【歯科医院の場合】
1.歯科医院で患者さんや業者さんへご周知していただき、各医院で集めてもらう。
2.JCCPに送付していただく。
3.JCCPが換金し、紛争地域の人々へ届けます。

◎JCCPの詳細は、http://www.jccp.gr.jp/をご覧ください

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング