エリジウムスペース社、低価格な宇宙葬サービスを日本で提供開始!

PR TIMES / 2013年10月1日 13時24分

2,000ドル(20万円)以下で宇宙葬が可能に。高品質で低価格な、誰でも使える宇宙葬サービスを提供。

エリジウムスペース(本社:サンフランシスコ、CEO:トマ・シベ, Thomas Civeit)は、2013年10月1日(火)に、これまでよりも画期的で低価格な宇宙葬サービスを日本にて開始します。



エリジウムスペース社の創業者であるトマ・シベは、元NASAの技術者として、ハッブル宇宙望遠鏡の開発など様々なミッションに携わり、多くの賞を受賞しました。

エリジウムスペース社は世界で最も低価格な宇宙葬サービスを提供します。遺灰の一部をカプセルへ納め、宇宙へ打上げます。カプセルを搭載したエリジウムスペースの人工衛星は、地球の周回軌道に乗り、数カ月の間、90分に1周の周期で地球を周回します。故人の家族や友人は、その周回の様子を、スマートフォン及びタブレット向けの無料アプリによって、いまどこに衛星がいるのかひと目で確認することが出来ます。

数ヶ月の周回の後、遺灰を載せた人工衛星は大気圏に再突入し、流れ星となって燃え尽きます。そのため、近年懸念されている、スペースデブリ(宇宙ごみ)になることがなく、環境にも優しいサービスとなっています。

最初の打上げは2014年の夏を予定しており、Webサイトにて申し込みを開始しており、1,990ドルという、いままでにない低コストでサービスの購入が可能です。購入者にはカプセルが郵送で届けられ、カプセルに遺灰を納め、エリジウム社に返送することで、打上げることが可能となります。

エリジウムスペースは今後も様々な形で、宇宙を活用した葬送サービスを、誰にでも購入可能な価格で提供し、宇宙へそして地球へ還るコンセプトで、さらなる葬送の自由を提供してまいります。

エリジウムスペース社(Elysium Space, Inc.)について
エリジウムスペース社は、誰でも宇宙へアクセスできるサービスを提供するため、サンフランシスコにて2013年に設立されました。日本にも拠点を展開し、世界で最も低価格な宇宙葬サービスを提供します。NASA出身者など宇宙の専門家と、葬儀業界の専門家のチームにより、高品質なサービスを提供しています。“Elysium(エリジウム)”とは、ギリシャ神話に登場する英雄のための死後の楽園から名付けられました。


■サービス概要
・サービス名:記念宇宙葬(Memorial Space Flight)
・URL:http://www.elysiumspace.com/
・利用料金:1,990米ドル
・日本国内サービス開始:2013年10月1日(火)

■スマートフォン・タブレットアプリの概要
・対応端末:スマートフォン(iOS、Android)、タブレット(iOS、Android)
・利用方法:App Store, Google Playよりダウンロード
・利用料金:無料

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング