ベトナムラボ型オフショア開発No.1 株式会社エボラブル アジア ベトナムにおける「Evolable Asia Town」の設計・構築 エン・ジャパン株式会社子会社のVietnamWorksによる全面協力

PR TIMES / 2014年7月28日 17時9分

~高まるエンジニア需要に応え、5年間で1万人の雇用を~



 株式会社 エボラブル アジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エボラブル アジア)は、高まるエンジニア需要に応えるため、「Evolable Asia Town構想」と称し、現在は1区のDinh Tien HoangとNguyen Thi Minh Khaiに構えているオフィス拠点を、2018年までに2区にするEvolable Asia Town設計・建築を計画します。また、現在約400名のエンジニアを雇用していますが、3年後に5000名、5年後に1万名への拡張を計画いたします。

 本構想の実現にあたり、下記3項目を実施いたします。

1、ベトナムにおける「Evolable Asia Town」の設計・建築
 現在のハノイ、ホーチミンにおけるオフィス拠点に加え、2018年に2区でのEvolable Asia Town設計・建設を予定しております。この将来構想により、さらに多くの、ハイエンドのエンジニア獲得を図って参ります。

2、エン・ジャパン株式会社子会社のVietnamWorksによる全面協力
 ベトナムの最大手求人媒体であり市場シェア7割を誇り、エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)の子会社であるNavigos Groupが運営するVietnamWorksが、全面協力を頂けることが決定致しました。
 本協力により、VietnamWorksの媒体上でのエボラブル アジアの露出だけでなく、両社で共同イベント開催等を行い、ベトナム労働市場に対してエボラブル アジア及び日系企業全体のアピールを広く行ってまいります。VietnamWorksと連携した積極的な活動により、従来より、さらに強い採用力を持ち、ハイエンドな人材の輩出を目指します。

3、エボラブル アジア×VietnamWorks「IT系日本語能力オープンテスト」の実施
 アジア人エンジニアを対象とする、日系クライアント向けの能力検定試験として、日本語とプログラミングの試験項目からなる「IT系日本語能力オープンテスト」を、エボラブル アジアとVietnamWorksにて共同開催し、オフショア開発市場においてより必要とされる、ブリッジSEやITコミュニケーターの育成、教育を共同で行ってまいります。
 本テストで基準値以上の点数を獲得したエンジニアには、テスト受講時から一年間、本人の自由なタイミングでエボラブル アジアに入社することができます。
・開催日:第一回「IT系日本語能力オープンテスト」 10月5日、6日(予定) ※6か月毎に実施予定
・費用 :無償

 エボラブル アジアは、ベトナムラボ型オフショア開発のNo.1カンパニーとして、今後もベトナムにおけるオフショア開発市場の拡大のために、人材の育成から獲得まで一貫したサポートを行ってまいります。

<会社概要>
名称 :株式会社エボラブル アジア
本社 :東京都港区芝3-5-5 芝公園ビル6階
資本金:2億1,5000万円(授権資本 235,000,000円)
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
URL:http://www.evolableasia.com/

<会社概要>
名称 :エン・ジャパン株式会社
本社 :東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
資本金:11億9,499万円
代表者:代表取締役社長 鈴木 孝二
URL:http://corp.en-japan.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング