浄水シャワー「トレビーノ トレシャワー(R)RS51」 日本アトピー協会推薦品に認証

PR TIMES / 2013年3月27日 12時39分

東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣)の家庭用浄水器トレビーノ(R)の姉妹品で、2000年4月に発売開始以来、ご好評を頂いております、浄水シャワー「トレシャワースリム」がこのたび特定非営利活動法人日本アトピー協会の推薦品に認証されました。
それに伴い、商品の名称とパッケージをリニューアルし、装い新たに浄水シャワー「トレビーノ トレシャワー(R)RS51」<品番:RS51、カートリッジ1個入、オープン価格>として3月より全国の量販店、ホームセンター、家電量販店などで発売を開始いたしました。




この日本アトピー協会推薦品マーク認定制度とは、アトピー・アレルギーでお悩みの方々にとって有益であろうという商品に対して協会より認証とマークの発行がされる制度です。

「トレビーノ トレシャワー(R)RS51」のろ材に使用している繊維状活性炭は食品衛生法に合格したものを使用しており、安全性の高い原料を使用しています。敏感肌などお肌の弱い方にも安心してお使いいただける商品です。


※アトピー性皮膚炎及びアレルギー諸疾患の改善を保証するものではありません。


■ 残留塩素をしっかりと除去


トレビーノ トレシャワー(R)RS51は、シャワーヘッドに内蔵した繊維状活性炭が水道水中の残留塩素を除去することが特徴です。水道水に含まれる残留塩素は髪や肌につくと、キューティクルなどのタンパク質や肌の脂質を酸化させ、枝毛、キレ毛、フケ、かゆみ、肌アレ、乾燥肌の原因となることがあると言われています。髪や肌をいたわる方にお薦めしたい商品です。残留塩素能力は約12,000L(10L/分の使用で約20時間)と長寿命。1日80L使用の場合、約5ヶ月間使用が可能です。


■ 原水と浄水の切替え機能付き

トレビーノ トレシャワー(R)RS51には、「原水(水道水)」と「浄水」を使い分けることができる「切替え機能」がついています。シャワーを浴びるときは「浄水シャワー」、お風呂洗いなどの時は「原水シャワー」という様にこまめに切替えができ、カートリッジを無駄に使うことがありません。


■ 持ちやすく使いやすいディンプル形状


シャワーヘッドのグリップ部分をディンプル(くぼみをつけた)形状にしており、握りやすく持ちやすいデザインになっています。


1.商 品 名   トレビーノ トレシャワー(R)RS51

2.商品特長

1.日本アトピー協会推薦品:特定非営利活動法人日本アトピー協会より、アトピー・アレルギーでお悩みの方々にとって有益であろうという商品に認証されました。
2.片手で簡単切替え機能:原水/除塩素水の切替えはスイッチボタン式で、濡れて滑りやすくなった手でも片手で簡単に操作出来ます。原水/除塩素水を用途によって使い分けることで、カートリッジを長持ちさせるのでとても経済的です。
3.ろ材:食品添加物としても認定されている繊維状活性炭により、水道水中の残留塩素やカルキ臭を除去します。
4.デザイン:滑り止めのくぼみ(ディンプル)がついたスリムなグリップで、女性や子供にも持ちやすく、滑りにくくなっています。 清潔感のあるホワイトに爽やかなブルーを組み合わせたおしゃれなデザインです。
5.対応機種:付属アダプターでほとんど(95%程度)の浴室用のシャワーホースに取付け可能です。

3.商品仕様

商品名:トレビーノ トレシャワー(R) RS51
品番:RS51
JANコード:4960685889108
希望小売価格:オープン価格 (カートリッジ1個入り)
サイズ:最大幅56mm×長さ225mm
重量:235g(満水時)
ろ過流量:10リットル/分
ろ材の種類:繊維状活性炭
残留塩素除去能力:12,000リットル
カートリッジ寿命:約5カ月(1日80リットル使用の場合)
交換用カートリッジ:RSC51 (1個入り)  2,625円(税込)

4.販売展開
(1)発売時期 :2013年3月
(2)販売ルート:全国の量販店、ホームセンター、家電量販店など

5.マスコミの方のお問い合わせ先 
東レ(株) 広報室  [東京]03-3245-5179  [大阪]06-7688-3085
トレビーノホームページ www.torayvino.com

6.消費者の方のお問い合わせ先
トレビーノ サービスセンター 0120-32-4192
月~金(祝祭日、弊社休業日を除く)10:00~12:00・13:00~17:00
                                                                        以 上

  

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング