付き合いのせい?営業職は、デスクワーク職よりも薄毛率が高い傾向

PR TIMES / 2013年4月18日 16時14分

~薄毛と仕事に関する意識調査“銀座HSクリニック調べ”~

 科学的根拠のある治療法を提供する薄毛治療専門医院 銀座HSクリニック(所在地:東京都中央区、院長:北嶋渉)は、2013年4月に、インターネットにより20~50代の男性400名を対象とした「薄毛と仕事に関する意識調査」を実施しました。

 これは、薄毛と仕事の間にどのような関係性があるのか、また、薄毛における環境的及び性格的な要因とその因果関係を把握・検証することを目的に行った調査です。




【調査結果概要】

■営業職の約60%、企画マーケティング職では約70%が薄毛を自覚している!
 一方、IT専門職では薄毛を自覚している人はわずか37%

■薄毛の男性の60%が「出世したい」「どちらかといえば出世したい」と回答

■上司が薄毛でも、自らも薄毛の男性は約50%が「人によっては薄毛を話題にできる」と回答

■薄毛でない男性のうち、今後薄毛になったら「ネタにできる」と回答したのはわずか8.5%!
 一方、薄毛の男性は約5倍の42%が「薄毛をネタにしたことがある」と回答

■薄毛の男性もそうでない男性も約60%は相談できる相手が「いない」と回答
 薄毛の悩みを相談できる相手第1位は「妻」


【調査結果詳細】

◆営業職の約60%、企画・マーケティング職では約70%が薄毛を自覚している! ◆

職種ごとの薄毛率は、営業職は56.7%、企画・マーケティング職は66.7%と薄毛率が高く、人事・総務は45.6%、IT専門職は37.5%と半数を下回る結果となりました。営業・マーケティングなどの一般に付き合いが多いと考えられる職種は薄毛率が高く、主にデスクワークや内勤のイメージが強い職種では薄毛率が低い傾向があると言えます。


◆薄毛の男性の60%が「出世したい」「どちらかといえば出世したい」と回答◆

自らのことを薄毛であると思う人(以降「薄毛の男性」)のうち60%が出世したい(「出世したい」と「どちらかといえば出世したい」の合計)と回答したのに対し、自らを薄毛だと思わない人(以降「薄毛ではない男性」)は、52%に留まり、薄毛の人が8pt出世意欲が高いことがわかりました。この結果から、薄毛男性の方が薄毛でない男性よりも出世に意欲的であると言えます。


◆上司が薄毛でも、薄毛の男性は約50%が「人によっては薄毛を話題にできる」と回答◆

上司が薄毛だった場合、普段の会話で薄毛について触れられるか という質問に対し、「触れらない」と回答した人は全体の31%に上りました。一方で、薄毛の男性は約50%が「触れられる・人によっては触れられる」と回答し、自らが薄毛の場合、上司の薄毛にも強気に触れることができる傾向がみられました。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング