Googleペナルティ解除支援・工数削減ツール「DRC Spider for Cloud」のサービス開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年1月17日 12時57分

株式会社データ復旧センターは、Googleペナルティ解除支援で培ったノウハウをツールに盛り込み、サイトの被リンクを評価・判定する「DRC Spider for Cloud」を本日発表いたしました。



株式会社データ復旧センター(代表取締役 藤井健太郎)は、Googleペナルティ解除支援で培ったノウハウをツールに盛り込み、サイトの被リンクを評価・判定する「DRC Spider for Cloud」を本日発表いたしました。(開発コードネーム:紫電改弐)

当初の削除必須リンクの判別作業の約80%を軽減すると共に、外部被リンクが多い場合、Googleが悪いとする被リンクを把握する事でSEO的な効果も期待できます。


商品ページ http://www.netplusone.jp/spider/

従来のGoogleペナルティ解除作業は、リンクを目視し、そのサイトのコンテンツ内容、外部リンク数、内部リンク数など複数を加味しつつ、不自然なコンテンツ内容・外部コンテンツに関して、通知、削除してもらう必要がございます。

この度、弊社では、このリンク判定作業のうち、弊社ツールを使用する事で、削除に必要な物を判定する時間を80%の軽減に成功いたしました。「要注意」「要削除」など5段階評価でリンクを判定し、返します。確実に削除が必要なアンマッチなコンテンツは、1,500パターン以上から判別し、判断・判定しており、随時パターン数を増やしております。

また、海外のサーバーからのリンクなのか等の判断基準も盛り込んでおります。また、リンク先のコンテンツも「ブログ」や「相互リンク」、「スクレイピング」サイトなど自動判定いたします。

1000リンクで約45分(目視作業判定では2~3日間掛かります)、1万リンクで8時間、5万リンクで1.5日で判定を出すことが出来ます。

ネット広告代理店やSEO対策を行う企業にとっては、手動で行っていた人件費や工数も削減できる事になります。判定基準は随時盛り込んでおり、エンジンは当初プロトタイプの5倍の速さで判定が可能となっております。

可能になった背景は、弊社はお客様によりGoogleペナルティ解除支援をユーザーより直接ご依頼をいただていており、その中でのノウハウを逐次、ツール内に盛り込み、自社で運用、改善を行っており、精度を上げて参りました。また、使用企業からのフィードバックも随時取り入れております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング