世界最高峰のプレイヤーを支える、ゴルフクラブメーカーの技術を独自の観点から分析

PR TIMES / 2013年4月23日 13時49分

個々の技術を多角的に分析することでで明らかになった、 テイラー・メイド・ゴルフ社の可能性と、迎え撃つ日本の大手2社の状況

あらゆる業界・市場における、技術の持つ可能性・真の力を独自の観点から分析するastavisionコラムにて
一流ゴルファーのプレイを支える、ゴルフクラブメーカーの技術を分析致しました。



 ゴルフの世界トーナメントの中でも最大級のマスターズ・トーナメントが米国ジョージア州オーガスタで4月15日に閉幕した。壮絶なプレーオフを制し豪州勢初の優勝者となったアダム・スコットをはじめ、最後までスコットと優勝を争ったアンヘル・カブレラ、日本からも2009年以来5年連続出場となった石川遼など、世界のトッププレイヤーに熱い注目が集まった4日間だった。

 世界最高峰のプレイヤーによる、ファンを魅了するビックプレイの数々。その裏側にはゴルフクラブ、ゴルフボール、シューズ、ウェア、グリーンの芝調整や練習装置、計算プログラム…等々、プレイヤーと同様に世界最高峰の技術の戦いの場がある。

 今回は、その中でも最も華麗に目に焼き付くゴルフクラブの大きなスウィングに焦点を当て、ゴルフクラブに関する技術情報の解析をastavisionコラムにて試みた。

詳細は下記コラムにて

https://www.astavision.com/column/1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング