意外なところで!?レゴ(R)ブロックが教材として注目!!

PR TIMES / 2013年6月17日 17時24分

学校の授業で、企業の新人研修で、問題解決力UP、グローバル人材の育成! 教育機関の導入実績は6,000箇所以上、企業研修では230社を突破!!



 知育玩具のレゴ(R)ブロックが意外なところで注目されてきています。
今、日本の企業では自ら新しいモノを創り出すクリエイティビティ(創造力)や問題解決力が必要とされています。そのような中、レゴ(R)ブロックが学校の授業や企業の新人研修、人材研修プログラムの教材として有効とされ導入が進んでいます。
 レゴ(R) マインドストーム(R) ※1 は1998 年より15 年、世界60 カ国50,000 以上の教育機関に導入されており、日本国内での導入実績は昨年までで6000 校を、企業研修では230 社を突破しました。今年9 月上旬から(先行予約販売は8 月8 日から)全国で発売を開始するシリーズ最新版「教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3(税込み45,150 円、専用ソフトウェアは別売)」の展開でさらに導入実績を増やしていきます。

※1 レゴ(R)マインドストーム(R)とは
レゴ社と米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究から生まれ、アナログのレゴ(R)ブロックとコンピューターを、内蔵したデジタルのレゴ(R)パーツを融合させた世界標準のロボット教材です。
生徒たちの主体的な学びを育成する21 世紀型の教育ツールで、論理的な思考力や、創造的な課題解決力、プロジェクトマネジメントスキル、日本人が苦手とする表現力やプレゼンテーション力を培うことができます。


●宇宙飛行士の候補者選抜試験でレゴ(R) マインドストーム(R)を活用!
2009年に行った宇宙飛行士の候補者選抜試験でレゴ(R)マインドストーム(R)が活用されました。予期せぬ事態が起きた時の対応や、チームワーク、リーダーシップを判断するために、グループごとにロボットを制作する課題を出題、いくつもの難題を克服して目的を達成するというものです。

●公立学校から大学まで幅広く、学校の授業でロボット活用!
中学校技術・家庭科技術分野「D情報に関する技術」で活用できる教材。プログラムと計測・制御の両方の学習ができる。プログラムの結果はロボットの動きと直結しているので、目的や条件に応じて工夫を重ねていくことで、ものづくりの喜び、充実感・達成感を味わうことができる。また、これらの学習活動は、言語活動の充実を図るものである。
 - 相模原市立小山中学校 佐藤修校長先生

大学生や大学院生の主体的な学習を支援できるロボット・サイエンス教材。JST などが主管する科学教室や小中高校から依頼を受けたロボット関連集中授業なでにも活用している。
 - 神奈川工科大学教授 金井徳兼先生

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング