「RED U-35」 6月1日(土)よりいよいよ応募受付開始!V6長野博さんが新たに審査員就任 省庁・企業も多数支援

PR TIMES / 2013年6月3日 13時50分

新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティション



新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティション
「RED U-35」 6月1日(土)よりいよいよ応募受付開始!
V6長野博さんが新たに審査員就任 省庁・企業も多数支援


RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM) 実行委員会は、新時代の若き才能ある料理人の発掘・応援を目的とした日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM)」に、食への造詣が深く、食の雑誌連載等も持つ長野博さんを新たに審査員に加え、総務省、農林水産省、経済産業省、観光庁の後援、アサヒビール株式会社、株式会社ぐるなび、日本航空株式会社、ヤマサ醤油株式会社、株式会社たまゆら、オルガノ株式会社の協賛・協力を得て、6月1日(土)より参加者の応募受付を開始いたしました。

RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM)は、料理人の技術を競い合わせるためのコンテストではなく、その未来を応援したくなるような“若い才能”を見つけ出すための料理人コンペティションです。審査方法は、映像あり、訪問あり、料理だけでなく人間力の審査をする、グランプリには破格の賞金500万円+夢の副賞というまったく新しい大会です。募集するのは35歳未満の料理人で、募集期間は2013年6月1日(土)~30日(日)です。

また、審査員として、名だたる一流料理人らに加え、新たに長野博さんが参加するほか、総務省、農林水産省、経済産業省、観光庁が後援、日本の飲食市場を牽引する企業である アサヒビール株式会社、株式会社ぐるなび、日本航空株式会社、ヤマサ醤油株式会社、株式会社たまゆら、オルガノ株式会社が協賛・協力として参加し、より規模を拡大して本コンペティションを推し進めていきます。尚、実行委員会では、引き続き本コンペティションを支援していただける企業を募集しています。

日本の食業界の総力を挙げて開催する本コンペティションを通じて、未来を担う料理人たちが鼓舞され、大きな目標を抱き、これからの日本の料理界全体の価値向上・底上げにもつながることを願って開催します。

また、発表当初より、海外の飲食店で働く日本人の方々から「ぜひ参加したい」との声を多数いただき、このほど規定を一部改正し、海外の飲食店で修行・勤務する35歳未満の日本人料理人からの応募を可とすることにしました。但し、海外まで審査に赴くことは難しいため、審査段階では日本国内に帰国していただくことが条件になります。詳細は追って、公式Webサイトにて公開します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング