今年で“25年”、日本最大規模の創作公募コンテスト「第二十五回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」11月3日(日・文化の日)より作品公募スタート、Facebookでの応募も可能に

PR TIMES / 2013年10月31日 17時6分

- 入賞作品2,000句を「お~いお茶」シリーズのパッケージに掲載 -

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「第二十五回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の作品募集を、2013年11月3日(文化の日)から翌年2月28日(当日消印有効)まで行います。



▼ニュースリリース サマリー
・コンテスト開始から今年で“25年”!日本最大規模の創作公募コンテストに成長
・各界の第一人者たちが集結…豪華な審査員にも注目!
・本年よりFacebookからの応募も受付開始
・文部科学大臣賞には賞金50万円!入賞作品2,000句は「お~いお茶」シリーズのパッケージに掲載


◆コンテスト開始から今年で“25年”!日本最大規模の創作公募コンテストに成長
「お~いお茶」が発売された1989年にスタートし、今回で25年目を迎える「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」。毎年、初めて俳句を創作した方から、ベテラン俳人の方まで幅広い層の方にご参加いただいております。

前回の応募総数は1,650,211句(日本を含む世界27ヵ国から応募)、第一回からの累計応募総数は24,505,453句にのぼり、日本最大規模の創作公募コンテストに成長(※)いたしました。

※新俳句大賞は国内における俳句創作の公募コンテストとして応募作品数日本一。
(月刊公募ガイド調べ。2013年11月1日現在)

◆各界の第一人者が集結…豪華な審査員にも注目!
「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」では、従来の俳句の作風にとらわれず、広く新しい視点で審査を行うために、俳句の第一人者に加え、映画、写真、演劇、書道など、様々な分野の方々に審査をお願いしております。

本年度の審査員は、「お~いお茶」が25年を迎える記念すべき回として新たにお迎えするスタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫さん、書家の紫舟さん、俳人の安西篤さんをはじめ、俳人の金子兜太さん、黒田杏子さん、星野恒彦さん、女優の吉行和子さん、写真家の浅井愼平さん、明治大学教授のフィリップD.ジトウィッツさんの9名。各界の第一人者たちが、多様な表現に対応した審査を行います。

審査員の一人である、日本を代表する俳人・金子(かねこ)兜(とう)太(た)さんは、本企画が25年を迎えるにあたり、「新俳句大賞は伝統的な俳句愛好者に対抗できる、新しい大きな愛好者を持つまでに成長した。さらなる発展と飛躍を期待すると共に、審査員として今後も新俳句大賞を応援していきたい。」とコメントされています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング