SAP(R) ERPテンプレート「J-Model」のクラウド対応版をリリース

PR TIMES / 2013年7月18日 14時3分

アマゾン ウェブ サービスを活用し短期間・低コストでの導入を実現

株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)は、クラウド基盤での利用に則した、プリセット型のSAP(R) ERPテンプレート「J-Model Cloud」をアマゾン ウェブ サービス(以下「“AWS”」)と共に提供するサービスを開始いたします。



JSOLではこれまでも、豊富なSAP(R) ERP導入ノウハウに基づき、「アドオンプログラムのライブラリ」や「設計~運用のすべての局面についての各種ドキュメント」「要件確定への進め方についての開発方法論」をセットとしたテンプレート「J-Model」によって低コスト・短期間・高品質・低リスクでSAP(R) ERPの導入を実現してまいりました。

昨今の更なる初期コスト削減と導入期間の短縮への要請に応える為、クラウド環境での利用を想定し、業界標準ビジネスプロセスに対応するパラメータ設定・テンプレート機能を“そのまま”ご利用いただけるプリセット環境をご用意しました。これにより、お客様は、プロジェクト初期から実画面で業務適合分析を進めることができ、マスタ整備・データ移行・研修のみで運用を開始できるようになります。
今回、クラウド環境として多くの実績を有する“AWS”に基づき構築されたインフラにより、インフラ費用を従量課金でご利用いただけるサービスの提供を開始しました。これによりH/Wの調達期間の短縮、オンデマンドでのH/Wの利用が可能となり、初期費用、運用費用の負担が大幅に軽減されます。

本サービスは第一号ユーザーの利用が決定しており、今後3年間で10億円の受注を計画しています。

■J-Model Cloud ソリューションの特徴
 ▽適合性 原則ノンカスタマイズによる円滑なERP導入
豊富なSAP導入経験を元に、標準的な業務プロセスとテンプレート機能をご用意。高い業務適合性を実現。
導入経験・業務ノウハウに基づいた簡易診断サービスにより業務適合・業務標準化の推進をサポート。

 ▽拡張性 ビジネスの強み・変化に対応するカスタマイズ適用、および各種オプションサービス
帳票、インターフェース等のカスタマイズ適用、導入を効率化させる各種オプションサービスをご用意。
多様な業種対応(医薬(JD-NET対応)等)、中国展開(言語、税制対応等)など拡張モデルをご提供。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング