高齢者食宅配市場シェアNo.1(※1) 「ワタミの宅食」 「ロコモ チャレンジ!推進協議会」に業界初加入

PR TIMES / 2013年9月2日 12時19分

毎日28万食(※2)のお弁当をお届けしているインフラを活かしてロコモ予防啓発を推進



ワタミ株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:桑原 豊)の100%子会社であるワタミタクショク株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:吉田 光宏)は、ロコモティブシンドローム予防啓発推進団体である「ロコモ チャレンジ!推進協議会」に協賛し、2013年9月2日(月)より正会員として活動を開始いたします。
高齢者食宅配業界における加入はワタミタクショクが初となります。

「ロコモティブシンドローム」(和名:運動器症候群、略称「ロコモ」)は、“骨や関節、筋肉・神経などの運動器における加齢による衰えや疾患により、要介護になったり、要介護になる危険性の高い状態”のことを言います。
日本では、高齢化の急速な進行にともない、運動器の障害のために要介護・要支援となる人口が急増しております。
さらに現在、約4,700万人(※3)にロコモの危険性があると言われており、ロコモの国民への予防啓発は喫緊の課題となっています。

ロコモの予防のためには、毎日の適度な運動習慣と、骨や筋肉を形成するために必要となる適切な栄養摂取が欠かせません。
事業ブランド「ワタミの宅食」では、「健康は毎日の食事から」という考えのもと、専任の管理栄養士が献立を考えた“毎日手づくり、日替わりのお弁当”を、全国のご家庭に毎日28万食、お届けしています。

「ワタミの宅食」では、今後「ロコモ チャレンジ!推進協議会」の正会員として、日本人の健康寿命を延ばすべく、“食”を中心にロコモ予防に寄与する様々な取り組みを実施していく予定です。
一例としてお客さま向けの無料情報誌「月刊宅食らいふ」(※4)「週刊ふかしいも」(※5)に、ロコモ予防に役立つ情報を掲載するなど、既存のインフラを活かして、より多くの方にロコモ予防の啓発を推進してまいります。


【ロコモ チャレンジ!推進協議会 概要】
整形外科の学術団体である公益社団法人日本整形外科学会が2010年8月に立ち上げた、“これからの日本の健康寿命の延伸”に寄与していくためのロコモ予防啓発推進団体です。
セミナーやシンポジウム、イベント、活動支援など、さまざまな活動を通じ「ロコモティブシンドローム」に対する正しい知識の普及と予防啓発を進めています。
また、会員企業・団体を募り広く連携し、大きな運動体とすることで、ロコモ予防の社会運動化を目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング