アニマル・ドネーションが『フロントライン(R) セーブペットプロジェクト』の受付窓口に

PR TIMES / 2013年11月27日 12時9分

セーブペットプロジェクトからの寄付金を動物保護団体へ

動物関連団体へのオンライン寄付サイト運営の一般社団法人アニマル・ドネーション(所在地:東京都目黒区、代表理事:西平衣里、以下アニドネ、http://www.animaldonation.org/)は、『フロントライン セーブペットプロジェクト』(詳細:http://frontlineplus.jp/)の寄付金受付窓口に認定されました。『フロントライン セーブペットプロジェクト』は、動物用医薬品のリーディング企業である日本全薬工業株式会社(http://www.zenoaq.jp/)とメリアル・ジャパン株式会社(http://www.merial.jp/)が、犬猫の殺処分数低減を目指し2010年にスタートしたプロジェクトで、今年で4年目を迎えます。
2013年10月アニドネは、『フロントライン セーブペットプロジェクト』から600万円の寄付金を受けることになりました。その寄付金はアニドネが認定した動物保護団体に送られ、医療費として使われます。




2013年10月アニドネは、『フロントライン セーブペットプロジェクト』から600万円の寄付金を受けることになりました。その寄付金はアニドネが認定した動物保護団体に送られ、医療費として使われます。


アニマル・ドネーションは、これからも、寄付を通じ、「人」と「動物」の真の意味での「共生」を目指し、人も動物も幸せな先進国家に向け活動していきます。

※フロントライン(R)はメリアルの所有登録商標です


■ 『フロントライン セーブペットプロジェクト』とは? http://frontlineplus.jp/spp/concept1.php
『フロントライン セーブペットプロジェクト』は、日本全薬工業株式会社とメリアル・ジャパン株式会社が犬猫の殺処分数低減を目指して2010年よりスタートした活動です。動物病院で処方される犬猫のノミ・マダニ駆除薬『フロントライン(R)』の売上の一部を資金とし、下記のような活動を行っています。
1.保護された犬猫の医療費支援
2.マイクロチップ普及活動
3.ペットと暮らすにあたっての心構えなどペットオーナー様の啓発活動
4. 動物福祉問題に対する告知活動
5.被災ペット支援 等


動物保護団体が保護した犬猫を新たな家族に譲渡するまでにかかるコストの中で、医療費が最も大きな割合を占めるといわれています。「フロントライン セーブペットプロジェクト」からアニマル・ドネーションに寄付される600万円はこの医療費として使われ、飼い主のいなかった動物たちの新しい家族との幸せな生活を応援します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング