牛1頭分のオージー・ビーフかオーストラリア旅行が当たる!「みんな、オージー・ビーフで元気!」キャンペーン 投票受付開始

PR TIMES / 2013年8月1日 13時43分

~「80歳現役ビルダー」に「キッズダンスチャンプ」…一番のスゴ技は誰だ?「元気ポーズ選手権」開催!~

 オージー・ビーフ(オーストラリア産牛肉/URL:http://www.aussiebeef.jp)の生産者団体であるMLA豪州食肉家畜生産者事業団(本社:オーストラリア・シドニー、以下MLA)が、日本を元気にする新キャンペーンを開始いたします。
 8月1日(木)~9月30日(月)の間、オージー・ビーフのハンドポーズをキメ技にパフォーマンスを競い合う「元気ポーズ選手権」に投票※1していただくと、オーストラリアの元気をプレゼント。合計で牛1頭分(350kg)のオージー・ビーフ※2またはオーストラリアのパワースポットを巡る旅が抽選で当たります。
※1 メールアドレスをお持ちの方であれば、どなたでも投票、応募頂けます。
※2 牛1頭分の精肉部位を350kgとし、8/1~9/30の期間中に応募された方の中から抽選で350名様に各1kgのオージー・ビーフをプレゼントいたします。



「みんな、オージー・ビーフで元気!」キャンペーン WEBサイト URL: http://www.aussiebeef-genki.jp/


■ 最多得票数を集めるのは誰!?様々な“元気メイツ”のパフォーマンスムービーが観られる「元気ポーズ選手権」!


 当キャンペーンのメインコンテンツ「元気ポーズ選手権」では、それぞれ驚くべき特技をもち、様々な分野で自分自身の元気を追求しているスペシャリスト“元気メイツ”が登場。ストーリー性のあるパフォーマンスムービーをご覧頂けます。  

 8月1日(木)~31日(土)の第1弾は、「80歳現役ビルダー」「情熱のフラメンコママ」「スゴワザ空手ボーイ」「麗しの女子高生バレリーナ」「牛赤身に萌えるヲタ」の5名が登場し、オージー・ビーフの元気ポーズを競います。

■ 第1弾に登場する“元気メイツ”


■ 牛1頭分のオージー・ビーフかオーストラリア旅行が当たる!


 「元気ポーズ選手権」のパフォーマンスムービー(第1弾、第2弾それぞれ5種、全10種)の中から、一番元気と感じたムービーに投票頂くと、抽選で合計牛1頭分(計350kg)のオージー・ビーフを350名様にプレゼント。また、1位の元気メイツに投票した応募者の中から、抽選でオーストラリアのパワースポットを巡る旅を2組4名様にプレゼント致します。


■ 当キャンペーン開催の背景・目的

 このキャンペーンは「広大な国土と豊かな大自然で育ったオージー・ビーフは安心・安全でみんなの元気のもとである」というメッセージを通じ、老若男女を問わず幅広い年代層の方にオージー・ビーフを召し上がっていただきたいとの想いから生まれました。


 30代以上に認知の高いオージー・ビーフのロゴマークをかたどったハンドジェスチャーをアイコンに、より若い世代にも、フェイスブック等のソーシャルメディアを通じてブランドとの接点を創出し、オージー・ビーフの認知と好感度、購買をより一層向上させることを目的としています。

■「みんな、オージー・ビーフで元気!」キャンペーン概要

<期間> 2013年8月1日(木)~9月30日(月)
<応募方法> フェイスブックキャンペーンページで、メールアドレスをご入力のうえ、「元気ポーズ選手権」のパフォーマンスムービーへの投票をもちまして、ご応募が完了となります。
<賞品> ・合計牛1頭分(計350kg)のオージー・ビーフを350名様に各1kg
     ・オーストラリア パワースポットを巡る旅 第1弾、第2弾それぞれ1組2名様(計2組4名様)
    *応募方法、当選条件などの詳細はフェイスブックキャンペーンページでご確認ください。

■「オージー・ビーフ」について

 オーストラリアの大自然が育んだオージー・ビーフは、赤身と脂肪のバランスがほどよく、育ち盛りのお子さんからお年寄りまで、健康な体作りに欠かせない栄養素がいっぱい。
さらに、1960年代から世界に先駆けてトレーサビリティを導入するなど品質管理が徹底されているから安全・安心。オージー・ビーフが日本に輸入されて半世紀、今では消費される牛肉全体の4割を占めます。
安心はもちろん、みんなが思わず元気になるビーフ、それがオージー・ビーフです。

【本リリースのお問合せ先】
MLA豪州食肉家畜生産者事業団 広報担当 花見美穂
TEL: 03-4589-0076 【広報直通】 FAX: 03-4589-0086
Email: mhanami@mla.com.au
詳細は www.aussiebeef.jp/b2b をご参照ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング