「新幹線全97駅 iPhone5s電波状況実測調査」

PR TIMES / 2013年11月12日 13時5分

■ auがLTEエリア比率100%とLTEの広さで強み。下り速度 23.7Mbpsも最速。
■ NTTドコモはLTEエリア比率99%と着実に拡大するも、平均速度では3位。
■ ソフトバンクは上り速度で強みを見せるも、地方エリアのLTE化で弱み。




 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は11月12日、新幹線全97駅でのiPhone5s電波状況実測調査の結果をまとめた。当社では、過去にさまざまな利用シーンでの通信速度やつながりやすさの実測調査を実施しているが、今回の調査では、1年ぶりに年間3億人が利用する日本の大動脈・「新幹線」に焦点を絞り、冬季のみ営業のガーラ湯沢駅を除く全97駅での電波状況の実態把握を目的とした。
 調査期間は、10月24日から11月5日まで。調査手法は次のとおり。新幹線全97駅の駅ホーム、改札付近、駅前広場の3地点(合計291地点)で下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定。測定端末はNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)のiPhone5s、測定アプリは「RBB TODAY SPEED TEST」を利用した。


■ auがLTEエリア比率100%とLTEの広さで強み。下り速度 23.7Mbpsも最速。
実測の結果、新幹線全97駅291地点で最もLTEエリアカバー比率が高かったのはauであり、291地点全ての地点でLTEを受信できた。1年前に当社が実施した同じ調査と比べて、LTE受信地点数は2.8倍に拡大している。これにより、下り(ダウンロード)の通信速度でも、全国で23.68Mbpsと3社中唯一の20Mbps超えを果たした。路線別に見ても、長野新幹線以外の全ての新幹線で下り通信速度トップを記録した。特に山形新幹線(平均24.92Mbps)、秋田新幹線(平均26.32Mbps)、上越新幹線(平均23.32Mbps)では、他社との差が開いた。「4G LTE」のサービスが開始されてまだ1年足らずだが、同社が「LTEの全国実人口カバー率97%」と公表する800MHz帯にiPhone5sが対応したことの効果が如実に表れており、LTE受信可能エリアが急拡大していると実感できる。

■ NTTドコモはLTEエリア比率99%と着実に拡大するも、平均速度では3位。
NTTドコモは新幹線全97駅291地点でLTE受信地点数は288。トップのauにはわずかに及ばなかったものの、LTEエリア比率99.0%と安定した結果を見せた。LTEエリアの拡大という意味で、同社が進める「全国Xi基地局倍増」計画が順調に推移していることを実感できる結果である。ただし、通信速度については、下り 17.88Mbps、上り 4.69Mbpsと、ともに他社に一歩及ばなかった。特に上り通信速度の遅さは著しい。同社は下り最大112.5Mbps、最大150Mbpsnに対応するエリアを順次拡大しているが、その影響か、地方の一部でいわゆる爆速地点が増加した傾向が見られた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング