新製品! “組込み用”ハイパフォーマンス システム・オン・モジュール(64MB/256MB Flashオプション)《PremierWave SE1000》の国内販売を開始

PR TIMES / 2014年9月25日 12時53分

──エンタープライズグレードのセキュリティおよびクラウドへの接続性を備え、産業向けIoTアプリケーションの短期開発・導入に最適

米国ラントロニクス社(Lantronix, Inc. カリフォルニア州;NASDAQ LTRX)の日本法人 日本ラントロニクス株式会社(東京都港区)は、M2M/IoT市場に適したデバイスサーバーPremierWaveシリーズの新製品で、Ethernetベースの組込み用システム・オン・モジュール《PremierWave SE1000》の販売を開始しました。



《PremierWave SE1000》は、コンパクトサイズ(55mm×30mm×6.3mm)ながら、ハイパフォーマンスでプログラミング可能なEthernetベースの組込み用システム・オン・モジュールです。短期間で簡単にセキュアなM2Mアプリケーションおよび産業用IoTアプリケーションを開発・導入することができます。

シリアル機器にEthernetによるネットワーク接続性を持たせることができる《PremierWave SE1000》には、組込み用Linuxが搭載されており、カスタムソフトウェアやアプリケーションを簡単に加えることが可能。また、ネットワーク化に必要なTCP/IPなどのソフトウェアやWebサーバーも搭載済みです。このため、最小限の開発コストで、より簡単に、短時間で、堅牢でハイパフォーマンスなネットワーク対応製品を開発することができます。

【主な特長】
■コンパクトサイズ(55mm×30mm×6.3mm)で無線対応モデル(IEEE802.11 a/b/g/n)のPremierWave ENとピン互換
■32ビットARM9プロセッサ搭載、64MBおよび256MB Flashオプション
■C言語やPythonなどのさまざまなプログラミング言語に対応し、M2M/IoTアプリケーションのカスタマイズの短期開発に最適
■セキュアにネットワーク化(End to end SSL TLS、SSH Tunneling/FIPS 140-2*)
■さまざまなネットワーク・インターフェース対応:Ethernet、Serial(UART/RS232/RS485)、USB2.0、I2C、SPI
■低電力モード(平均 131 mA *Ethernet接続時)
■Linux OS搭載、IPv6サポート
■Lantronix独自のソフトウェア設定でシステム管理が簡単にでき、製品化に最適
■工業標準の動作温度範囲:-40℃~+85℃
■5年製品保証
■各種IoTクラウドプラットホームや、データ分析プラットホーム(Google Analytics)との接続性

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング