金属3Dプリンター市場の調査結果

PR TIMES / 2014年2月26日 13時51分

~2020年の市場規模は2013年の2.4倍に急成長!~

金属3Dプリンター装置(金属積層造型装置)のワールドワイドの出荷台数は2020年に2013年の約2.4倍の285台、出荷金額は325億円まで急成長する見込み!また、材料の出荷数量も2020年に2013年の約1.8倍の310トン、出荷金額は140億円が見込まれる!



株式会社アクトプローブ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:紙 武司)では金属3Dプリンター(金属積層造型)に関して、装置、材料及び、サービスビューロについての市場調査及び分析を行った。結果は以下の通りでレポートの詳細は下記アドレスを参照。
http://www.act-pr.co.jp/report_detail/id=66

金属3Dプリンター装置(金属積層造型装置)のワールドワイド市場規模は2013年、数量ベースで120台(累計945台)となった。市場予測については市場が黎明期であり市場環境の変動リスクが大きいことから、2つのケースを想定した分析を行った。最初のケース“Case1”では装置の性能、コスト、造型材料のバリエーションが現行装置と大きく変化しないと仮定した場合であり、この場合はこれまでと同じく医療、航空機需要を中心にして潜在市場の開拓によって市場は一定の拡大が期待できる。結果、装置の出荷台数は2020年に2013年の約2倍の235台、出荷金額は268億円まで拡大すると見込まれる。
また、もう一つのケース“Case2”では装置の造型速度が現行に比べて50%近くアップし、尚かつ装置コストが20%以上ダウンした場合で、この場合は装置の出荷台数は2020年に2013年の約2.4倍の285台、出荷金額は325億円まで拡大すると見込まれる。
一方、造型材料についてのワールドワイドの市場規模は2013年、数量ベースで93トンであった。造型材料の市場予測については装置の出荷数量にリンクすることを考慮し、こちらも“Case1”と“Case2”の2つのケースを想定した分析を行った。“Case1”では2020年に250トン、113億円に、また、“Case2”では310トン、140億円まで拡大するという結果になった。

【株式会社アクトプローブ 会社紹介】
アクトプローブは、金属を中心としたマテリアル分野に特化したマーケティングカンパニーです。調査企画、フィールド調査、調査結果の分析といった一連の業務を長年経験したプロの調査員が独自のリサーチ方法、専門性を活かした調査を行っています。マーケティングリサーチによる新たなイノベーションを追求することによって社会に貢献できる企業を目指しています。

―本件に関するお問い合わせ先―
株式会社アクトプローブ 代表取締役:紙 武司
TEL:03-6759-3657  Mail:kami@act-pr.co.jp
URL:http://www.act-pr.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング