企業と消費者の企画でイノベーションを共創するクラウドソーシング型コ・クリエーションプラットフォーム『企画会議』が会員本登録・コンペ案件受付機能を公開!

PR TIMES / 2013年12月24日 15時49分

企業や自治体などのクライアントはプランナーと呼ばれる全国のクリエイターから独創的な商品企画やプロモーション企画などをコンペ形式で募集。コ・クリエーション(共創)でイノベーションを創出!

株式会社リエゾン・アーキテクツ(東京都渋谷区、代表取締役:場家崇文)は商品開発やプロモーション、イベントなどの企画に特化したクラウドソーシング型コ・クリエーションプラットフォーム(Co-Creation Platform)事業『企画会議』の会員本登録およびコンペ案件の受付を開始したことをお知らせいたします。

企画会議:http://kikakukaigi.com




【サービス概要】
『企画会議』は企業や自治体等と全国のプランナーを繋げコ・クリエーション(Co-Creation / 共創)の場を提供するクラウドソーシング型コ・クリエーションプラットフォーム(Co-Creation Platform)です。

企業や自治体などは抱えている課題について『企画会議』の中でコンペを開催できます。開催されているコンペに対してプランナーと呼ばれる全国のクリエイター(消費者)が企画書を投稿する仕組みです。『企画会議』を消費者とコ・クリエーション(Co-Creation / 共創)するためのプラットフォームとして活用することによって、クライアント(企業、自治体等)は短期間の内にマーケティングを行いながら商品開発やプロモーションなどの斬新で革新的なアイディアを数多く得ることができ、課題を解決することができます。

今回、プランナーおよびクライアント情報の本登録機能を公開しました。プランナー側は自分の属性情報として職種や得意分野などを登録できるようになりました。クライアント側は会社情報と新規コンペの登録が可能となりました。これに伴いコンペ案件が入り次第、コンペ開催を行っていきます。
またメイン機能のひとつである企画マーケットは1月中旬のオープンを予定しています。

《企画会議の得意分野》
・商品コンセプト企画
・商品開発
・パッケージデザイン
・広告コンテンツ
・プロモーション企画
・イベント企画
・Etc.


【サービスの特徴】
・企業とプランナーやクリエイターがコ・クリエーション(Co-Creation / 共創)し問題解決!
クライアントは『企画会議』のプランナー/クリエイター(以下、プランナー)とコ・クリエーション(Co-Creation / 共創)することで今まで思いつかなかった斬新なアイディアを手にすることがきます。プランナーはメジャー企業と繋がり、自分の独創的なアイディアを採用してもらうことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング