【株式会社マックアース】新たに3スキー場・1ホテル・1ゴルフ場をグループ化

PR TIMES / 2014年10月1日 16時3分

日本最大数のスキー場運営・再生事業を展開する株式会社マックアース(本社:兵庫県養父市、代表取締役CEO:一ノ本達己)は、2014年10月1日付で、新たに3スキー場(ピリカスキー場・ヤナバスノーパーク・エコーバレースキー場)、1ホテル(クアプラザピリカ)、1ゴルフ場(湯村カンツリークラブ)をグループ化し、運営をさせて頂く運びとなりました。




今回、新しくグループになる事業所は下記の通りです。

-----------------------------------------
■ピリカスキー場/クアプラザピリカ/ピリカ温泉(指定管理)
住所:北海道瀬棚郡今金町美利河205-1
ゲレンデ面積:20ha / コース数:5 / リフト基数:1
標高:トップ410m ボトム133m 標高差277m

函館市街から2時間程度。道南一のパウダースノー。敷地内には温泉完備のホテル・クアプラザピリカを併設し、スキーを履いたままのスキーイン・スキーアウトが可能。
http://kurplazapirika.com/

■ヤナバスノーパーク
住所:長野県大町市平22548
ゲレンデ面積;20ha / コース数: 5 / リフト基数: 2
標高: トップ1,130m ボトム830m 標高差 300m

JR「ヤナバスキー場駅」から下車0分、国道148号線沿いにあり、アクセス抜群の立地。スキー場の眼下には青木湖、正面には北アルプスの山々が見渡せる大パノラマ。
www.yanaba.co.jp/

■エコーバレースキー場
住所:長野県小県郡長和町姫木平
ゲレンデ面積;40ha / コース数: 10 / リフト基数: 8
標高:トップ1,850m ボトム 1,450m 標高差 400m

晴天率80%のカラッとした気候で最高の雪質を誇る。周辺にはペンション約60件、レストラン7件、レンタルショップなどの個性豊かなビレッジ。
www.echovalley.co.jp/

■湯村カンツリークラブ
住所:兵庫県美方郡新温泉町切畑字三原野608
ホール数:18 / パー: 72 / コース面積:819,000m2
コース規模:6,313ヤード

標高500mの高原に広がる丘陵コース。自然の地形を最大限に生かし、樹齢100年以上の赤松の巨木でセパレートされたホール。
www.yumuracc.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の発表により総事業所数は、全国にスキー場33カ所・ホテル27カ所・キャンプ場6カ所・ゴルフ場7カ所となります。
マックアースグループでは、スキーをはじめとするマウンテンスポーツの楽しみ方を子供から大人まで幅広い年齢層にご提案し、それを文化として定着・発展させ、周辺の地域経済を中長期的に活性化して、持続可能な山間地域を創出することを目指しています。


株式会社マックアース
1961年、兵庫県養父市に前身となる食堂を開業、翌年に山小屋をスタートさせる。72年には山小屋を廃してロッジ白樺館をオープン。以来学校団体の受け入れを中心に、スキーやフィールドアスレチックなど野外教育をセットにした宿泊施設を展開。2008年には滋賀県の国境スキー場を皮切りにスキー場運営を開始。2014年3月には世界最大のスノーリゾート運営会社、フランスのカンパニーデザルプとの資本提携を発表。今後アジア戦略やインバウンドも視野に入れたスノーリゾートの再生事業に挑む。
現在、日本国内に33スキー場、27ホテル・野外教育施設、14グリーンリゾート、6キャンプ場、7ゴルフ場を運営(指定管理を含む。2014年10月1日現在)。2013年9月期のリゾート事業所総売上は約120億円(ホテル・ゴルフ場等の収入含む)。2013-14年冬期の運営スキー場総入場者数は累計で約264万人。 URL: http://macearthgroup.com/

一ノ本 達己(いちのもと たつみ/株式会社マックアース 代表取締役CEO)
1967年兵庫県生まれ。1990年京都産業大学経営学部卒。同年マックアース入社。1995年同社代表取締役就任。2008年よりスキー場再生事業に乗り出す。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング