Canatu社、「ファインテックジャパン 2014」にて、フレキシブル・タッチ・スクリーンおよびタッチ・デバイス向けCNB(TM) Flexフィルムを発表

PR TIMES / 2014年4月15日 10時7分

~4月16日(水)より開催される「ファインテックジャパン」において、新しいCNB Flexフィルムを発表~

次世代の透明導電膜フィルムおよびタッチ・センサーの製造を手がけているCanatu Ltd.(カナツ社、本社:フィンランド・ヘルシンキ、CEO:リスト・ブオヘライネン)は、このたびウェアラブル、電子タッチ・スクリーン・デバイス、次世代の折り畳み可能なスマートフォンおよびタブレット向けに最適化された独自の折り曲げ可能な透明導電膜フィルムを開発しました。



2014年4月15日
報道資料
Canatu Ltd.

Canatu社、「ファインテックジャパン 2014」にて、フレキシブル・タッチ・スクリーンおよびタッチ・デバイス向けCNB(TM) Flexフィルムを発表

~4月16日(水)より開催される「ファインテックジャパン」において、新しいCNB Flexフィルムを発表~


次世代の透明導電膜フィルムおよびタッチ・センサーの製造を手がけているCanatu Ltd.(カナツ社、本社:フィンランド・ヘルシンキ、CEO:リスト・ブオヘライネン)は、ウェアラブル、電子タッチ・スクリーン・デバイス、次世代の折り畳み可能なスマートフォンおよびタブレット向けに最適化された独自の折り曲げ可能な透明導電膜フィルムを開発しました。Canatuは、世界に先駆けて、「ファインテックジャパン 2014」(URL: http://www.ftj.jp/ )において、当製品の利点を紹介します。(Canatu社ブース番号:#3-30)

ウェアラブル・デバイスの市場規模は2014年の140億ドルから2024年には700億ドル以上にまで拡大することが予測されており、折り曲げ可能な透明タッチ・スクリーンのニーズは高まっています。極めて短い曲げ半径と高い耐久性から、CNB(TM) Flexフィルムは、タッチ・センサーを湾曲させて使用するアプリケーションやデバイスに最適な素材です。当フィルムは、高い導電性を損なうことなく、1mmの曲げ半径で180度折り曲げる耐久テストに合格しています。

Canatuのマーケティング&セールス担当バイスプレジデントのエルッキ・ソイニネン(Erkki Soininen)は、「ウェアラブル技術と折り曲げ可能なエレクトロニクス機器の急速な進化により、ユーザーが期待するシームレスなユーザー体験を提供するために、堅牢で柔軟性に優れたタッチ・センサーが求められています。CNB Flexフィルムは、次世代のパーソナルおよび統合デバイスを開発するインダストリアル・デザイナの求める、折り畳めたり、曲げたりできるタッチ・センサーを実現する唯一の素材です」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング