地震解析ラボ、地震予測情報配信端末「備(ビ)ボーサイ 1.0」を発売開始

PR TIMES / 2014年4月25日 10時15分

1~2週間後の地震予測を手間をかけずにチェックして防災(減災)

短期地震予測情報配信で3年超えの実績を持つ、インフォメーションシステムズ株式会社(社長:平井道夫、東京都港区)「地震解析ラボ」は、サイトへのアクセス時の操作(アイコンのクリック、ID等の入力)が必要なく、常時自動更新にて最新の地震予測情報が得られる、専用の情報配信端末「備ボーサイ 1.0」を平成26年4月下旬に発売開始。
地震予測情報を提供する端末機器は株式会社NTTドコモ「フォトパネル06(株式会社東芝製)」となります。




■「備ボーサイ 1.0」について

「備ボーサイ 1.0」は既存の月額基本料にオプション契約として月額4,000円(外税)を追加することで、端末を貸与され、常時最新の地震予測情報を閲覧できます。現在の基本契約では閲覧の際にIDとパスワードでサイトにアクセスする必要がありましたが、今回発表の「備ボーサイ 1.0」はサイトへのアクセスなしで、地震予測情報が配信されます。予測される地震の規模を地震が発生する可能性がある「いつ」日程表示、「どこで」を地図画像に表示します。さらに地震の規模を示す「どれくらい」を「マグニチュード6.0以上」「同6.0±」「同5.5±」「同5.0±」の4段階で表示します。

毎週月曜日と木曜日に情報を更新いたします。


■「備ボーサイ 1.0」専用端末の4つの特徴

特徴1 使用方法は電源を入れるだけ。

特徴2 地震予測情報サイトにアクセスなしで最新情報に自動更新。

特徴3 机に置けるコンパクトなサイズ。

特徴4 持ち運びに便利。外出時に携帯も可能。

■「備ボーサイ 1.0」で配信する地震予測情報3つの特徴

特徴1 カレンダー表記で「いつ」が判りやすい。

特徴2 地図表記で「どこで」が判りやすい。

特徴3 色別で「どれくらい」が判りやすい。


■「備ボーサイ 1.0」専用端末概要

具体的な内容

配信情報:地震解析ラボ法人向け配信データ

機器概要:NTTドコモ「フォトパネル06(株式会社東芝製)」9インチパネル

費用:地震予測情報 「備ボーサイ 1.0」オプション契約:月額4,000円(外税)

※オプション契約には基本契約が必要となります。月額基本料:40,000円(外税)
※別途、契約時に契約金がかかります。
※「備ボーサイ 1.0」専用端末機器代金及び毎月の通信費のご負担はありません。


■地震解析ラボについて

人の生命と財産を守る<その願いをこめて>
地震を数日前に予測して、防災・減災に役立てる情報を提供しています。
地震災害の減災対策としましては、地震予測情報を活用して、防災の備えを強化し併せてより
速やかな復旧に対応する備えを準備することが、減災に 直結する具体的な対策の一つと考えております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング