「Compathy(コンパシー)」を運営する株式会社ワンダーラスト、 第三者割当増資を実施

PR TIMES / 2014年3月20日 12時33分

スマートフォン向けアプリ開発に向けた開発体制およびマーケティングを強化

旅のコレクション共有サービス「Compathy(コンパシー)」( http://www.compathy.net/)を運営する株式会社ワンダーラスト(東京都渋谷区、代表取締役社長:堀江 健太郎、以下ワンダーラスト)はインキュベイトファンド(代表パートナー:村田祐介)と株式会社リクルートホールディングス(東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の投資子会社である合同会社RSPファンド5号(東京都中央区、代表者:岡本彰彦)に対しての第三者割当増資を実施しました。



今回の第三者割当増資で調達した資金により、Compathyのスマートフォン向けアプリ開発をメインとした開発・運営強化を図るとともに、今後の成長のためのマーケティングの強化を予定しております。

◆Compathyとは?
Compathy( https://www.compathy.net/)は、アップロードされた写真の撮影日時・場所の情報を利用することで、Web上の写真アルバムやブログでは記録することができなかった旅のルートや時間軸といった旅の「全て」を1つのストーリー「ログブック」に自動的にまとめ、SNS上の友人やその他ユーザと共有・交流できるサービスです。


◆株式会社ワンダーラストについて
株式会社ワンダーラストは「旅を通じて人々の心から国境をなくす」をミッションに掲げる会社です。

ワンダーラストおよびCompathyは、このミッションを実現する、これからの時代の新しい”旅のカタチ”を提案していきます。
まずは2014年初夏にCompathyをスマートフォンアプリ化し、多くの方が簡単に、そしてリアルタイムに旅の記録・共有を行えるようにします。

今後海外展開も積極的に行って参ります。Compathyは実名制の「ログブック」をベースにした旅行プラン作成機能の実装を予定しておりますので、グローバルなユーザベースの上で、これから旅行に行くCompathyユーザと旅先現地に住むCompathyユーザが繋がることができる仕組みを取り入れることで「旅先の人とつながる」という新しい旅のカタチを提案します。

このような形でCompathyが旅前、旅中、旅後全てのシーンにおいて使えるサービスとして、近い将来に訪れるLCC(格安航空会社)・個人旅行時代の旅行サービスのスタンダードとなることで、「旅を通じて人々の心から国境をなくす」というビジョンを実現して参ります。


【世界とつながる旅のコレクション『Compathy(コンパシー)』】
『Compathy』は「旅の全てを記録する」をコンセプトにした、写真の撮影日時・場所の情報から旅の思い出をルートや時間軸と共に1つのストーリー「ログブック」に自動的にまとめ、SNS上の友人やその他ユーザと共有・交流できるサービスです。

【株式会社ワンダーラスト】
< http://wanderlust.co.jp>
株式会社ワンダーラストは「旅を通じて人々の心から国境をなくす」ことをミッションに掲げ、世界とつながる旅のコレクション『Compathy』を運営しています。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ワンダーラスト インフォメーション・センター
[TEL] 080-4364-5737 [E-mail] info@wanderlust.co.jp
[住所] 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町30-4 渋谷アジアマンション202号
[Web] 株式会社ワンダーラスト コーポレートサイト< http://wanderlust.co.jp>

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング