1月30日(木)9:00、西友蓮根坂下店がオープン ~西友、街全体を舞台にした大規模なアンビエント広告を展開!~

PR TIMES / 2014年1月24日 14時57分

合同会社西友では、「西友蓮根坂下店」(東京都板橋区)を、1月30日(木)午前9時にオープンいたします。また、開店プロモーション時限定のキャラクターとして“Mr. Live better”を新たに開発。オープンに先立ち、1月24日(金)より、蓮根・坂下周辺エリアにお住まいの方々にご協力いただき実現する、大規模なアンビエント広告を展開します。





蓮根坂下店は、都営地下鉄三田線「蓮根駅」および「志村三丁目駅」からも徒歩圏内に位置しており、店舗周辺には集合住宅が建ち並ぶファミリー層が多いエリアです。また、周辺は、複数のマンション建設が計画されており、今後、人口の増加が見込めるエリアです。

店舗はワンフロアのスーパーマーケット店型で、生鮮食品、加工食品、デイリー食品、惣菜、菓子、飲料、日用消耗品、ペットフード、ヘルス&ビューティ商品などを取り扱います。また、西友の親会社であるウォルマート・ストアーズ・インクの世界に広がる調達網を駆使した直輸入商品もご提供し、地域の皆様にとって、利便性の高い毎日のお買物の場としてご支持いただける店作りをしてまいります。

西友蓮根坂下店は、新規にデザイン、建設した店舗です。お買い物環境や安全性の向上に力を入れると同時に、省エネやサステナビリティにも工夫を凝らしております。売場照明はLEDを採用しており、お客様にとって快適な明るさを維持したまま、照明数を大幅に減らした他、扉付冷ケースの導入等で、従来の店舗と比較して大幅なエネルギー削減を可能にしました。また、床にセラミックタイルを採用することで、これまで3ケ月毎に必要であった定期清掃が不要となったことや、EMS(エネルギー・トータル・マネジメントシステム)の導入により、エネルギーを効果的・効率的に制御することで、一層のコスト削減を目指します。

【お買い物環境の向上】
・オフホワイトの壁面、サンドベージュカラーのセラミックタイル使用の床、シルバーカラーのゴンドラ什器を導入することで、照明の反射効果による明るい売場を実現
・冷蔵、冷凍ショーケースはブラウンカラーを採用し、優しい雰囲気の売場を実現
・LEDスポットライトと間接照明を効果的に使用し、洗練された店舗空間を演出

【安全】
・地震の際の瓶の落下防止に有効な「粘弾性ダンパー」を什器に設置

【サステナビリティ】
・店内はLED照明を100%採用
・通路上など必要な箇所のみに基本照明を設置することで照明数を大幅に減らし、消費 電力を削減
・扉付冷ケースを採用し、省エネと同時に店内の冷えすぎ防止を実現
・エネルギーを見える化できるEMS(エネルギー・トータルマネジメント・システム)を採用し、店内の空調機器や冷蔵・冷凍機器毎に効果的、効率的に制御

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング