増税直前!節約上手と節約下手(計400名)に調査 「お金の出入り“見える化”」が節約の新定番に ~節約成功には「初動」と「意識」に違いあり~

PR TIMES / 2014年3月19日 14時10分



消費税増税額の試算もできる日本最大級のオンライン家計簿「Zaim」(http://zaim.net)を運営する株式会社Zaim(本社:東京都港区、代表取締役:閑歳孝子)は、2014年4月の消費税率改定(5%から8%)を目前に控え、ますます注目が高まっている“家計を上手に管理するコツ”を明らかにすべく、節約上手200名と節約下手200名の計400名を対象にアンケート調査を行いました。

調査の結果、節約している人の 86.2%が日々の支出入を算出して金額を把握する「お金の出入り”見える化”」は節約効果があると考えており、節約の上手下手を問わず、節約経験者全体が効果を感じていることがわかりました。
一方で、節約上手と節約下手に見られる違いを検証した結果、1.節約初期の行動の違い2.節約に対する意識の違いという2点において、それぞれに傾向的な特徴があることが見て取れました。


==【調査結果トピックス】===========================
1.節約経験者の86.2%が「お金の出入り“見える化”だけで、節約効果がある」と感じている

2.節約の最初にするべきこととして、節約上手の67.0%が「お金の出入り“見える化”」、節約下手の50.0%は食費を抑えるなどの「具体的な消費行動の見直し」を挙げている

3.節約上手は「支出はメリハリをつけて適度に抑える(56.5%)」という回答が節約下手を12.0%上回ったのに対し、節約下手は「買い物を我慢して支出を切り詰める(38.5%)」という回答が節約上手を12.0%上回った
===============================================

(調査概要)
調査期間:2014年2月28日(金)~3月3日(月)
調査対象:20~50代男女1,330名   本調査対象:節約成功者200名と節約失敗者200名(20~50代男女)
調査方法:インターネット調査

今回の調査では、1,330名の20~50代男女に節約意識の有無を尋ねたところ、84.2%が節約を意識していました。
同じ1,330名のうち、2014年4月の消費増税を機に「節約意識がより高まる」とした人は62.0%となり、感心の高さが伺えました。本調査では節約を意識している人のうち、節約が上手くいっている人(=節約上手)200名と、節約が上手くいっていない人(=節約下手)200名を抽出して行いました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング