テンピュール・シーリーが日本におけるシーリーのブランドの権利を取得

PR TIMES / 2014年4月9日 11時36分

2014年の第3四半期決算において取引が締結される見通し

レキシントン、ケンタッキー州、2014年4月8日 - 世界最大の寝具業者であるテンピュール・シーリー・インターナショナル (NYSE: TPX) は本日、日本におけるシーリーブランドの権利、及び前ライセンシーから一部の資産を取得する旨、正式な契約に署名したことを発表しました。同社は通例の買収条件を満たした後、2014年の第3四半期決算の間に取引が締結する見込みです。金銭面での条件は開示されません。

この取引の一環として、前ライセンシーのセールスやマーケティングを含む特定の機能は、同社の日本子会社に統合されます。さらに両社は供給契約を結び、それにより前ライセンシーは日本における特定のシーリーブランド製品の委託製造業者となります。

テンピュール・シーリー・インターナショナル社CEOのマーク・サーヴァリーは「新たな市場拡大は、私たちの4つの重要な戦略的成長のイニシアチブの1つであり、長期的なインターナショナル収益のシナジー効果という目的の重要な推進力でもあります。日本におけるシーリーブランドの権利の取得は、シーリーのライセンシー契約から権利を取り戻すことになる初めての取引です。弊社にとって日本は長年、重要な市場であり、私たちは強化されたブランドと製品の供給によって、市場進出・マーケットシェアがさらに増える見通しであることに心躍らせています」とコメントしています。

最高財務責任者デール・ウィリアムは「この取引の結果として、日本がまもなく売上の面で、北米以外での私たちの最大の市場になると予測しています。私たちの期待通りにこの案件がまとまれば、この取引がブレイクイーブンとなり、2014年はやや収益が向上、その後も利益は増加していくと予測します」と述べています。

将来予想に関する記述

このリリースには、連邦証券法の意義の範囲内における、当社の計画、方針、目標、戦略、その他の情報のひとつ以上に関する、歴史的情報ではない情報が盛り込まれた「将来予想に関する記述」が含まれています。このリリースにおいて使われている「評価」「期待」「指針」「予測」「プロジェクト」「計画」「提案」「意図」「確信」といったような言葉や同様の表現は、将来予想に関する記述であることを確認するよう意図されています。これらの将来予想に関する記述は、4つの重要な戦略的成長のイニシアチブに関する当社の期待と、日本におけるそのビジネスの予測される成長に関連する発言を含んでいます。全ての将来予想に関する記述は、現在の期待と信念、そしてさまざまな仮定に基づいています。これらの期待を当社が実現する、もしくはこれらの信念が正しいと実証されるという保証はありません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング