AutoCAD LT(R)を必要な期間利用できるライセンスを発売

PR TIMES / 2014年5月7日 11時38分

プロジェクトの規模や期間に合わせたり、国外でも利用できるなど柔軟なライセンス運用を可能に

オートデスク株式会社は、汎用2D作図CADアプリケーション「Autodesk(R) AutoCAD LT(R) 2015」について、期間を選択して利用できるライセンス形態「Desktop Subscription」を導入し、本日5月7日(水)より発売します。これによりお客様は、AutoCAD LTの永久ライセンスに加えて、「1カ月」「3カ月」「1年」から利用期間を選択できる期間限定ライセンスも購入できるようになります。


Desktop Subscriptionを利用すると、永久ライセンスを購入するよりも初期費用を抑えることができます。また、国外出張時に利用したり、旧バージョン(2014)を利用したり、設計プロジェクトの規模や期間に応じて使用期間とライセンス数を選択することもできますので、お客様のご希望に沿った運用方法やコスト管理を行えるようになります。

さらに、Desktop Subscriptionには、専用Webサイトからの技術サポート、契約期間中の機能アップデート提供、クラウド サービス「Autodesk 360」を利用した25GBストレージなどが含まれます。Autodesk 360を利用すると、設計などのプロジェクト管理やコラボレーション、モバイル端末からのアクセスなどの機能も利用できますので、場所や時間に制限なく柔軟な業務遂行が可能になります。

企業の備品や一部の消費財では、従来の「所有」からレンタル、シェアなどに購買の選択肢が広がっており、ソフトウェアやクラウド サービスについてもその傾向が見られます。当社としても製品の利用形態の選択肢を増やすことにより、特に個人事業者、スタートアップ企業、プロジェクト受注型のビジネスが多い企業などに、より気軽に利用していただけると考えています。


名 称:Autodesk AutoCAD LT 2015

希望小売価格(税別)(ベーシック サポート版の場合):
・1カ月(*) - 12,000円
・3カ月 - 36,000円
・1年 - 95,000円
(*) 「1カ月」は当社オンラインストアでのみ取り扱います。

参考:永久ライセンス/カード型ライセンスの希望小売価格(税別): 190,000円


※ 希望小売価格は、日本における当該製品またはサービスに対するオートデスクのメーカー希望小売価格(税別)を示します。希望小売価格にインストール費は含まれません。オートデスク認定販売パートナー、販売店の販売価格はオートデスク認定販売パートナーおよび販売店が決定します。希望小売価格は参考値としてご参照ください。その他の諸条件が適用される場合もあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング