日本一月謝の高い保育園「TOEアカデミー」1校舎目の恵比寿校が定員オーバーで年内に2校舎の開校を決定

PR TIMES / 2014年8月25日 14時2分

株式会社EDIQ(本社:東京都中央区、代表取締役:田邊智博)は、全国200教室の乳幼児親子教室「TOEベビーパーク」、総合出版グループ「幻冬舎」の知育玩具の制作・販売を担う「幻冬舎エデュケーション」と協力し、新しいタイプの保育園『託児型知能教育機関』として、『TOEアカデミー』を2014年4月に開校。
現在、1校舎目として開校した恵比寿校は、5ヶ月(2014年8月)で定員の40名に到達。そのため、年内に2校舎を開校することが決定。尚、この2校舎は、フランチャイズ(FC)契約であるが、今までにない新しい保育園ビジネスとしても注目を集めている。



株式会社EDIQ(本社:東京都中央区、代表取締役:田邊智博)は、全国200教室の乳幼児親子教室「TOEベビーパーク」、総合出版グループ「幻冬舎」の知育玩具の制作・販売を担う「幻冬舎エデュケーション」と協力し、新しいタイプの保育園『託児型知能教育機関』として、『TOEアカデミー』を2014年4月に開校。
現在、1校舎目として開校した恵比寿校は、5ヶ月(2014年8月)で定員の40名に到達。そのため、年内に2校舎を開校することが決定。尚、この2校舎は、フランチャイズ(FC)契約であるが、今までにない新しい保育園ビジネスとしても注目を集めている。

●園運営は本部が完全にサポート
スタッフは本部による採用・派遣。知育を担うベビーパーク講師だけではなく、保育士・外国人講師など、全てのスタッフは本部にて採用、研修、配置を行う。労務管理コストがかからず、加盟店にとっての雇用リスクゼロを実現。⇒加盟店の経営資源(時間・人)を奪わない、マネジメントが容易。

●保育園業界初の黒字化保証モデル
黒字化するまでの期間、立上げ(開校)から運営、園児募集に至るまでを本部が代行するという立上支援を行っている。新規事業で一番リスクを伴うのは、損益分岐点を超えるまでの期間だが、この部分を加盟店に代わって、本部が責任を持って運営する。

<TOEアカデミーとは>
人類の0.6%(1000人の内上位6人)に属する最優秀な頭脳(IQ140以上)と、穏やかで優しい性格をもった将来を担う人物を育てるための『託児型知能教育機関』です。
子育てに時間の全てを注いでいる訳にも行かないと言う状況のご両親に代わって、最高の育児を施し、「頭の良さ」と「性格の良さ」を兼ね備えた子供を育てる支援をするのがTOEアカデミーです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング