夫婦円満の秘訣は玄関にあり!リフォームしたい場所で「玄関」を選んだ人は 夫婦円満度 第1位

PR TIMES / 2014年8月26日 12時26分

「家の顔」である玄関の掃除頻度が高い人ほど、夫婦仲が良い傾向に!! ~玄関と玄関リフォームに関する意識調査~

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、築10年以上の持ち家、一戸建て居住の40~60代男女900人を対象に、玄関と玄関リフォームに関する意識調査を実施しました。




【玄関はその家の第一印象を決めるもの!わかっているものの、なかなか掃除しない場所】
調査では、約半数の人が、友人が自宅に来訪した際に玄関に対する人目を気にしており、また、反対に自分が友人宅に訪問した際にも、約半数の人が友人宅の玄関を気にすることがわかりました。(問1、問2)
「玄関はその家の第一印象を決める」と思っている人は85%と、玄関の大切さは大多数の人が認識している結果が得られました。(問3)そんな玄関の見た目について、自信があると答えた人は約41%、また自信がないと答えた人は約60%で、快く友達を招き入れられる玄関とはいえない家庭が多いようです。(問4)
また、玄関の掃除頻度を伺ったところ、約半数の人が半年に1回程度と回答。(問5)その家の第一印象を決める玄関を常に綺麗にし、気にかけるという感覚を持つ家庭は少ないことがわかりました。

【玄関ドアを大切にする人は夫婦仲が良い傾向。玄関リフォームをしたい人の夫婦円満度も最も高い結果に!】
自宅の玄関を常に綺麗にしている家庭の夫婦円満度をみてみると、年1~2回の掃除をする人の夫婦円満度は約40%と最も高く、続いて年5回以上が約30%、年3~4回以上が約20%という結果となりました。玄関ドアを全く掃除したことがない人に至っては、わずか3.4%と、玄関・夫婦関係ともに磨きが足りないようです。
また、いずれリフォームしたい箇所に関する質問では、1位外観・屋根、2位浴室、3位キッチンと水回りが上位を占めた一方で、玄関のリフォーム意欲が高い人は、浴室・キッチンに比べ夫婦円満度が最も高いことがわかりました。大事な家族を一番最初に迎え入れる玄関を大切にすることが、夫婦円満の秘訣なのかもしれません。

【1日で簡単に玄関ドアリフォームができるなら、約8割の人が“アリ”!とリフォーム意欲アップ】
もし玄関のリフォームをするとしたら、どのような理由かという質問に対しては、1位が老朽化、2位が防犯性改善、玄関スペース拡大、3位が最新ロックへの変更となり、ドアの防犯対策としてリフォームを検討する方も多くみられました。(問6)また、デザインや印象よりも、明るさや風通しなど、玄関に快適さを求める傾向もあるようです。玄関リフォームを検討している人(必ずしたい・多分すると思う・余裕ができたらしたい)は約5割いましたが、玄関を1日で簡単にリフォームできるとなれば、約8割と約1.5倍に増えました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング